« 呼吸器の炎症 - hingamisteede põletik | トップページ | 女性の色 - naiselik värv »

はねつるべの井戸 - kooguga kaev

 オクサネン Sofi Oksanen の小説 Puhastus 「粛清」の 1992年のシーンの1つでは,主人公 Aliide の住む家の庭に,深く掘られた pumppukaivos ポンプ式井戸があり,vesisanko 水桶で水を汲んでいたことになっている (p.294)。ポンプ式というと電動か思うが,水を水桶で汲むこととは相容れない気がする。どうやらこれは,手押しポンプの井戸でもなくて,いわゆるはねつるべのついた井戸 kooguga kaev (hoogukaev) のようだ。

 はねつるべ kook とは写真のような,てこの原理を応用して井戸から水をくみ上げる装置のことで,長い天秤棒の一方の端に重し konks, 反対側の端に桶 pang がついている。はねつるべは,英語で sweep, ロシア語では журавль (ツル) と呼ぶらしい。ロシア語は鳥の名前だから,「つるべ」の語源である植物のつるとの関係ないだろうと思ったら,日本国語辞典によると,植物のつるも鳥の名前のツルも,「連なる」という動詞と語源的に結びつくという説があるらしいから,はねつるべを媒介にして連想関係がロシア語へも広がっていって面白い。ときに,英語のツル crane は別の機械の名前だが,実はクレーンもそのおおもとは,てこの原理を応用した機械だから,はねつるべをロシア人がツルと呼んでいるのと似たような発想だということになる。

 はねつるべの井戸の写真と,手押しポンプの井戸の絵を比べて見ていて,手押しポンプははねつるべの原理を発展させたものなのだということにはじめて気がついた。私の子どものころの井戸は,この手押しポンプで,井戸と聞くと今でもこれを思い出す。わたしの田舎の家では,現在も水道水のほかに,今でも井戸水を汲んで使っていて,台所には,水道水の蛇口と井戸水の蛇口が並んでいる。ただし,ポンプは電動である。

 ネットで探すと,かなりたくさんの写真が見つかるので,観光用に整備したものも中にはあるだろうが,エストニアの農村部では今でも現役のはねつるべの井戸がきっと見られるはずである。

エストニアのはねつるべの井戸
Kooguga kaev

女性ではなくて,石の貯蔵庫に注目。田舎では今でも使われている。
「いしむろ」と呼びたいのだが,「石室」と書くと「せきしつ」と読まれて
遺体を安置するところになるし,「いしむろ」は辞書によると,一般には
登山者用の小屋のことをらしい。また「岩室」(いわむろ)は,岩にできた
洞窟のことで,別名「岩屋」。
Kooguga kaev ja maakivist kelder

日本のはねつるべ井戸 (福島市)。武家の庭にあったものらしく,立派すぎる。
桶を竹か綱につけて細木の天秤(てんびん)の一方に下げ、他の一方に重しをつけ、軽く水を汲みあげるように工夫されています。

手押しポンプの原理とはねつるべの原理
水を汲む桶に縄か竹竿がついている井戸を つるべ井戸 といいます 手掘り井戸

今日本で井戸というとこれになる。なつかしい。東京にもこんな井戸が
残っている。写真をクリックするともっとたくさん見られます。
ポンプの台座に古いミカンが置いてあります。これは、”正月飾り”の名残です。古くから日本では八百万の神という考えがあり、モチロン「井戸」にも神が宿ると考えられていました。(例として、弥都波能売神(みづはのめのかみ、水神)そのため、新年の輪飾り・注連縄を井戸ポンプにも付け祀るのですが、東京で井戸ポンプ対してこの風習が残されているのは、かなり貴重です。(文京区、千代田区の一部の井戸ポンプに対しても見られます)

|

« 呼吸器の炎症 - hingamisteede põletik | トップページ | 女性の色 - naiselik värv »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

母の実家には、はねつるべがありました。こういう名前であることは、この記事を読んで初めて知りました!

投稿: papatanaka | 2010/10/15 08:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49732607

この記事へのトラックバック一覧です: はねつるべの井戸 - kooguga kaev:

« 呼吸器の炎症 - hingamisteede põletik | トップページ | 女性の色 - naiselik värv »