« タルト空港 (2) - Tartu Ülenurme lennujaam | トップページ | 新人作家デビュー - Katrina Kalda »

オオカミ - hunt

 自然の写真を取り続けている写真家の Andres Ennok 氏が初めて撮ることのできたオオカミ huntの写真だそうです。エストニアでは,オオカミを見ることがなかなかできないそうなので,だたそれだけの理由で話題にしました。写真をクリックすると拡大されます。オオカミが綺麗に写ってます。写真家は,本当はヘラジカ põder (英語 elk) の写真を撮ろうと待ち構えていて,たまたまオオカミに出会ったのだそうです。

 記事: Sihtis põtra, aga tabas hundi

 余談ですが,私は,動物園に何度か通ったのですが,未だに北欧のシカの仲間の見分けがつきません。エストニア語の põder はフィンランド語の peura (野生の)トナカイと語源が同じですが,,エストニア語ではトナカイは põhjapõder (北の põder) です。トナカイを表すフィンランド語としてよく知られている poro は飼育されているトナカイを指すようです。ヘラジカは身体が大きく太っていて,トナカイは比較的小柄というふうに理解してますが,勘違いかもしれません。

 エストニア語の hunt オオカミは,語源的には,ドイツ語の Hund 犬,英語の hound 猟犬などと同じ起源に遡る語です。

Mu esimene hunt.

|

« タルト空港 (2) - Tartu Ülenurme lennujaam | トップページ | 新人作家デビュー - Katrina Kalda »

動物・植物」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49600742

この記事へのトラックバック一覧です: オオカミ - hunt:

« タルト空港 (2) - Tartu Ülenurme lennujaam | トップページ | 新人作家デビュー - Katrina Kalda »