« 8月20日のタリン旧市街 (2) - Eesti Vabariigi taasiseseisvumise aastapäev | トップページ | バイリンガルの高校 - kakskeelne »

映画の舞台となった校舎 - Tootsi koolimaja

 映画「春」 Kevade (1969, 原作 Oskar Luts: Kevade, 初版 1912) のロケの舞台となり,原作者の Oskar Luts オスカル・ルッツ (1886-1953) 自身が通った学校として有名な校舎 Palamuse koolimaja で,35年ぶりに授業が行われた。パラムセ Palamuse は,タルトの北,ヨケヴァ Jõgeva の近くにある小さな町。1975 年以来郷土博物館となっているこの建物で,新入生が授業を受けることになったのは,学校の校舎の修理工事が新学期に間に合わなかったための応急措置らしい。

 記事: Üle 35 aasta algas õppetöö ka Palamuse Tootsi koolimajas (Postimees)
 記事: Üle 35 aasta algas õppetöö ka Palamuse Tootsi koolimajas (ERR)

 O・ルッツの原作 Kevade の文学作品としての評価にはいろいろあるが,映画 Kevade がたいへんなヒット作であったことは間違いない。今博物館となっているロケの行われた校舎は,物語の主人公アルノ Arno の友人のひとりで人気者の Toots にちなんで Tootsi koolimaja 「トーツの学校」と呼ばれる。この映画の主演女優として,アルノの女友だちの Teele テーレを演じた Riina Hein は,当時10代だったが,当時としてはたいへんなスター女優になった。支払われた出演料で親に長いブーツと,金髪で目がぱちくりする大きな人形を買ってもらい,今でもその人形は大事にもっているが,姪が訪ねてくると,その人形を Teele と呼んでいるという。

 参考: Raja Teele «Kevade» mälestus: pika säärega saapad ja suur nukk (Õhtuleht 2005/09/17)
 参考: Oskar Luts: Kevade (katkend) O・ルッツ 「春」(第1部より)
 参考: PILDIKESI KEVADEST

校舎,学校 koolimaja
始業のベル koolikell
合唱祭広場 lauluväljak
初等教本 aabits
一年生に入学する esimesse klassi astume
学童   koolijüts
出演料  honorar
十代の  teismeline
長いブーツ pika säärega saapad
大きな人形 suur nukk
映画,フィルム film

Oskar Luts õppis Palamuse koolimajas aastail 1895–1899. Nendes klassitubades filmiti 1960ndate lõpul ka Arvo Kruusementi käe all «Kevade» ainetel samanimeline linateos.

|

« 8月20日のタリン旧市街 (2) - Eesti Vabariigi taasiseseisvumise aastapäev | トップページ | バイリンガルの高校 - kakskeelne »

建築」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49324663

この記事へのトラックバック一覧です: 映画の舞台となった校舎 - Tootsi koolimaja:

« 8月20日のタリン旧市街 (2) - Eesti Vabariigi taasiseseisvumise aastapäev | トップページ | バイリンガルの高校 - kakskeelne »