« タリン市の来年度予算 - eelarve | トップページ | エストニア人とフィンランド語 - soome keel »

タリンで見たポスター - Nukitsamees, Klaabu, Kalle Bloomqvist

 エストニアのタリン旧市街へは,東側からヴィル通り Viru,ヴィル門 Viru värav 経由で入って,下町の中心の市庁舎広場 Raekoja plats へと進んでいくのが定番だろうが,南側から直接トーンペアの丘 Toompea に登っていくルートも面白い。南からまっすぐトーンペアに向かう坂道の自動車道,トーンペア通り Toompea には,トーンペアの入り口の直前に交差点がある。交差点の東側の道は,自由の広場 Vabaduse väljak から日本大使館の脇を通って登ってくる 司令官通り Komandandi で,西側の道はファルキ通り Falgi である。自動車でトーンペアに入るときは必ずこの交差点を通る。1991年8月,トーンペアを死守するためのバリケードの築かれた場所である。

 ファルキ通りは,観光バスのたまり場である。その道を登ってくる途中でみた9月から始まる子供向け演劇公演のポスター3枚。ミュージカル Nukitsamees (オオカミ少年),Klaabu (原作はアニメ),名探偵カッレくん,いずれもおなじみの演目だ。

 「オオカミ少年」 Nukitsamees は,オスカル・ルッツ Oskar Luts 原作。O・ルッツは映画化もされている青春小説「春」Kevade の作者として,エストニア人なら誰でも知っている。

 「名探偵カッレくん」は,もちろんスウェーデンのアストリッド・リンドグレーンの作だ。主人公 Kalle Bloomqvist 少年の名前は,世界的なベストセラーになったスティーグ・ラーソン Stieg Larsson の「ドラゴン・タトゥーの女」の主人公の中年男 Michael Bloomqvist によってふたたび世界中に知れ渡ることになったことは周知のとおりである。

 アニメの「クラープ」はエストニア国産だが,原作者は知らない。

Nukitsamees

Klaab

Kale_bloomqvist

|

« タリン市の来年度予算 - eelarve | トップページ | エストニア人とフィンランド語 - soome keel »

文化・芸術」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49301060

この記事へのトラックバック一覧です: タリンで見たポスター - Nukitsamees, Klaabu, Kalle Bloomqvist:

« タリン市の来年度予算 - eelarve | トップページ | エストニア人とフィンランド語 - soome keel »