« エストニア産のソバ - eestimaine tatar | トップページ | ホームレス市民の集い - Kodutute öö »

紅葉する - kolletama

 日本語ではふつう「紅葉」と書くように,秋には木々の葉は,どちらかと言えば赤い色合いになることが多いような気がする。これに対して,北欧はどちらかいえば黄色が主体で「黄葉」と書いた方がいい風景になる。実際,「紅葉する」にあたるエストニア語の表現も kolletama, kollakaks muutuma など「黄色くなる」の系統である。

 もちろんエストニアでも秋の自然が赤い色と全く無縁であるわけではない。カエデがきれいに紅葉した写真をたまたま見つけたので,その感動をお裾分けする。そういえば,紅葉とは違うが,ナナカマドの実も赤い色である。私の勝手な連想だが,ナナカマドの実は,色も大きさも南天の実とよく似ている気がする。

黄葉する    kolletama
黄色の     kollane
黄色がかった kollakas
カエデ     vaher
ナナカマド   pihlakas

Madalrõhuala toob sügisese ilma.

|

« エストニア産のソバ - eestimaine tatar | トップページ | ホームレス市民の集い - Kodutute öö »

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49467350

この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉する - kolletama:

« エストニア産のソバ - eestimaine tatar | トップページ | ホームレス市民の集い - Kodutute öö »