« 紅葉する - kolletama | トップページ | 樫の木の言い伝え - püha tamm »

ホームレス市民の集い - Kodutute öö

 今週の水曜日(9/15)の夜,タリンの都心,ヴィル・ホテルとエストニア劇場の間にあるタンムサーレ公園で,タリン市が主催して «Tallinn hoolib oma kodanikest» (タリンは市民を気遣う),通称 Kodutute öö (ホームレスたちの夜) という催しが開かれた。あいにくの大雨だったが,大勢のホームレス市民たちが集まった。平たく言えば,ホームレスの人たちに簡単な食事 (スープ,お茶,パン) を振る舞い,歌とダンスの娯楽を提供する催しである。この催しは,今年で5回目のようだ。

 記事: Linn kostitas Tammsaare pargis kodutuid

 市の関係者は,あいにくの天気にもかかわらず大勢の人々が集まってきたことで,事態の深刻さがわかるが,集まった人たちの中に顔なじみが大勢いることがやりきれないと語った。ホームレスの数は,このところ増えており,宿泊施設 sotsiaalmajutusüksus (公共宿泊センター) を増やすことが急務であるが,新しく建設しようとすると,すぐに近隣の住民から苦情が市に寄せられる。市民に問題の深刻さを知ってもらい,認識を改めてもらうために,今回はこの催しを都心で開催したという。

 参考: ホームレス (2) - kodutu (2010/06/23)
 参考: ホームレス - kodutu (2010/04/13)
 参考: 経済不況 - masu (2010/03/31)
 参考: 無賃乗車 - jänes (2010/04/17)

 参考までに,タンムサーレ公園は,作家A・H・タンムサーレ(A. H. Tammsaare, 1878-1940)の銅像があるところからついた名前である。この公園では,いろいろな催しや集会が開かれるし,パフォーマンスもやっている。タリンの代々木公園 (東京) である。

 参考: エストニア文学の巨匠:A・H・タンムサーレ (2010/01/20)

食事をふるまう kostitama
ホームレス   kodutu
公園       park
娯楽       meelelahutus
人生,生活   elu
失敗する    halvasti minema
面倒をみる   hoolima
開催する    korraldama
提供する    pakuma
スープ      supp
茶        tee
ベーグル    kringel (リング状の硬いパン)
大雨      paduvihm
窮地      häda
悲しい     kurb
立ち上がる  jalule tõusma
経済不況   masu
公共宿泊施設 sotsiaalmajutusüksus

Tammsaare parki püstitatud telkides kostitati neid, kel pole kohta, kus elada.

Peale kõhutäie pakuti külastajatele ka kõikvõimalikke infomaterjale.

A. H. Tammsaare monument  タンムサーレの銅像 (タンムサーレ公園 1997撮影)
A. H. Tammsaare monument

|

« 紅葉する - kolletama | トップページ | 樫の木の言い伝え - püha tamm »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49465031

この記事へのトラックバック一覧です: ホームレス市民の集い - Kodutute öö:

« 紅葉する - kolletama | トップページ | 樫の木の言い伝え - püha tamm »