« コンセント - pistikupesa | トップページ | 歌う革命 (2) - laulev revolutsioon »

戯画化された肖像画 - šarž

 エストニアの戯画画家H・ヒープス Hugo Hiipus の作品展がヴァルカ Valga で開かれているという。会場では,希望者すれば自分の肖像画を描いてもらえるらしい。この町の市民の肖像画のほかに,エストニアのセレブたちの肖像画も展示されている。

 記事: Valga kultuurikeskuses avati Hugo Hiibuse näitus (Postimees)
 記事: Valga kultuurikeskuses avati Hugo Hiibuse näitus (ERR)

 エストニア語の šarž は,フランス語の charge をそのままエストニア語風にしたもの。こういう肖像画のことをフランス語では portrait en charge と言うらしい。「戯画化された肖像画」という意味。

絵,絵画 joonistus, pilt
芸術家  kunstnik
絵を描く joonistama
展覧会  näitus
肖像   portree

イルベス大統領 Toomas Hendrik Ilves
Toomas_h_ilves

故レンナルト・メリ大統領 Lennart Meri
Lennart_meri

左から Mart Laar (歴史学者), Gustav Ernesaks (指揮者)
Laar_ernesaks

左から Marju Lauristin (社会学者), Edgar Savisaar (タリン市長), 一番奥が Arvo Pärt (作曲家)
Hugo Hiibuse šaržinäitus 2

画家 Hugo Hiibus
Hugo Hiibus

|

« コンセント - pistikupesa | トップページ | 歌う革命 (2) - laulev revolutsioon »

文化・芸術」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49347558

この記事へのトラックバック一覧です: 戯画化された肖像画 - šarž:

« コンセント - pistikupesa | トップページ | 歌う革命 (2) - laulev revolutsioon »