« 隣国の山火事 - metsapõleng | トップページ | 拡散して薄くなる - hajuma »

出産する - sünnitama

 エストニアのハリユ県 Harjumaa で7月に生まれた子どもは 138人,亡くなった人は 82人。結婚した夫婦は 19組,離婚は1組。えっ,なんでこんなに少ないの? と首をかしげた人は,首都タリン Tallinn がハリユ県に属していないことを思い起こそう。

 新生児のうち,男の子は 89人,女の子は 79人。双子が1組いた。

 亡くなった人のうち,男性は 31人,女性は 51人。死亡者の平均年齢は 73.25歳 (男 70,女 76.5)。

 記事: Juulis sündis Harjumaal 168 last (Postimees 2010/08/05)

 何気ない話題なのだが,住民やその家族に関するいろいろな記録をするにしても,人口の多い日本はたいへんだろうな,とつくづく思わずにはいられなくなる記事である。

 エストニア語では,「生まれる」は,人間の子どもも動物の子どもも動詞は同じ sündima なのだが,「出産する」は,人間は sünnitama,動物は poegima と別の動詞を使う。「」を意味する laps も人間の子どもだけを指すことばで,動物の子は poeg と呼ぶ。poeg を人間について使うと「息子」の意味になる。

 参考までに,エストニア語の poeg は,フィンランド語の poika と同じ語源だが,「息子」の意味しかない。英語の boy にあたるエストニア語の単語は poiss である。フィンランド語では,この両方が poika なので紛らわしい。

子,子ども      laps
出産する       sünnitama
生まれる       sündima
死ぬ         surema
誕生         sünd
死,死亡       surm
息子         poeg
娘           tütar
男の子        poiss
女の子        tütarlaps
双子          kaksik
亡くなった人     lahkunu
平均年齢       keskmine vanus
(婚姻を)解消する  lahutama
結婚,婚姻      abielu
(動物が子を) 生む poegima

Juulis sündis Harjumaal 168 last

|

« 隣国の山火事 - metsapõleng | トップページ | 拡散して薄くなる - hajuma »

健康・医療」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49073042

この記事へのトラックバック一覧です: 出産する - sünnitama:

« 隣国の山火事 - metsapõleng | トップページ | 拡散して薄くなる - hajuma »