« 警察官のいないエストニア正教徒の島 - Kihnumaa | トップページ | キフヌ島出身の大船長 - Kapten Kihnu Jõnn »

キフヌ島の狐石 - Kihnumaa

 エストニアのキフヌ島を自転車で回っているときに,島の北部の森の中でたまたま見つけた高さ数十センチくらいの石。私が勝手に命名したもので,公式な観光案内に載っている観光スポットではない。

 どの動物に似ているか,人によって意見がわかれると思うが,私は,顔はキツネ似 (rebane),全体の形はハリネズミ似 (siil) だと思う。また,見る方向によって尻尾があるように見える。

 正確な場所を覚えていないので,次に行ったときに見つけられるかどうか自信はない。また,そのうち,苔がもっと増えて,キツネの顔に見えなくなくなってしまうかもしれない。

この方向から見た顔が一番かわいい
Rebane_kivi1

見る方向によっては,尻尾があるように見える
Rebane_kivi2

|

« 警察官のいないエストニア正教徒の島 - Kihnumaa | トップページ | キフヌ島出身の大船長 - Kapten Kihnu Jõnn »

キフヌ島」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49180136

この記事へのトラックバック一覧です: キフヌ島の狐石 - Kihnumaa:

« 警察官のいないエストニア正教徒の島 - Kihnumaa | トップページ | キフヌ島出身の大船長 - Kapten Kihnu Jõnn »