« エストニア旅行 - Tallinnast Pärnu | トップページ | キフヌ島行きのフェリー - parvlaev »

インターネット接続 - internet

 日本で高速のインターネット接続というと,NTT,電力会社,ケーブルテレビのような有線接続をまず思い浮かべるが,エストニアではもっぱら携帯電話会社の守備範囲である。これは,有線の電話回線のインフラ整備が遅れていたために,ソビエト体制崩壊後の1990年代以降,携帯電話が急速に普及したのと同じ理由である。つまり,国中に通信網を広げようとしたとき,電波による通信方式の方が工事が短期間で済み,また安くついためだ。キフヌ島を夜出歩くと,赤い光が点滅する塔をいくつか見かけるが,それがインターネットの中継局らしい。

 このため,インターネット網が発達していると言われるエストニアでは,インターネット通信がカミナリなどの天候の影響を受けやすいという弱点がある。この週末もエストニア各地で激しい雷雨があった。その影響をもろにうけた (らしい) のがキフヌ島 Kihnu で,日曜日 (8/15) は,朝から深夜までまる1日,インターネットに接続できなかった。携帯電話は通じた (携帯からインターネットのアドレスに写真を送信できた) ので,本土との通信が途絶えたわけではないし,日曜日で,役場や図書館などの業務もなく,約500人の島民 (一部は島にいない)や観光目的などで訪れているよそ者がとくにこれといった不便を味わったわけではないが,これが平日だったら困ることが多々あったのではないかと思う。なお,昨日インターネットが使えなかったのが,キフヌ島だけだったのかどうかはニュースを見ていないのでわからない (民宿にはテレビがあるが,先日の地上デジタル受信用のアダプターがとりつけてないので何も映らない)。

 エストニアのプロバイダー,すなわち携帯電話会社は,各社 (EMT, Elisa, Tele 2) そろって,これまで都市部に限られていた高速インターネット通信網を,農村部にも広げようとしているようだ。サーレマーを含むエストニア全土の25%をカバーする EMT (Eesti Mobiiltelefon) は今年末までにカバー率を60%にまで上げる。Elisa は,今年末までに,ラプラ県 Raplamaa, ヤルヴァ県 Järvamaa, ヴィリヤンティ県 Viljandimaa の全体をカバーして,エストニアの人口の4分の3,約100万人にサービスを広げる。現在,ハリユ県 Harjumaa,パルヌ県 Pärnumaa,タルト県 Tartumaa のほぼ全域をカバーする Tele 2 にも,独自のパケットサービスを導入して農村部に食い込む計画があるようだ。

 ただし,インターネット事業での各社間の競争は厳しく,すでにぎりぎりに押されられている通信料がこれ以上下がることは望めないと,携帯電話会社側は言っているという。

 記事: Kiire internet murrab teed maapiirkondadesse

 参考までに,キフヌ島には Elisa と EMT の通信網がほぼ全域に広がっているようだが,私の携帯はソフトバンクなので 3G 接続は Elisa しか選べない。

高速の  kiire
都市住民 linnaelanik
高価な  kallis
地域,地方 piirkond
覆う   katma
4分の1 veerand
努力する pürgima
低い   madal
値下がり hinnalangus
近い将来 lähitulevik

Kiire internet murrab teed maapiirkondadesse

|

« エストニア旅行 - Tallinnast Pärnu | トップページ | キフヌ島行きのフェリー - parvlaev »

キフヌ島」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/49162440

この記事へのトラックバック一覧です: インターネット接続 - internet:

« エストニア旅行 - Tallinnast Pärnu | トップページ | キフヌ島行きのフェリー - parvlaev »