« 心付け - jootraha | トップページ | エストニアの水 - vesi »

室温28℃ - tööruumi temperatuur

 クールビズ Cool Biz などという訳の分からない言葉を使っていないが,エストニアでも「夏は室温28℃」ということが言われ始めたようである。政府からのお達しによれば「室内で軽度の肉体労働を行う場合,室温を28℃に保つことができる」というものらしい。また,労働者がこの気温では仕事ができないと訴えれば,より温度の低い部屋で休憩できるようにするなどの配慮を行うことが事業者に対して期待されている。なお,すでに話題にした (暑さ指数 - kuumaindeks) ように,エストニアの労働者は暑さで健康に害があると判断したときは,仕事を休むことができる。ただし,28℃という具体的な数字に法律的な拘束力はないので,事業者と労働者の協力関係が肝心である。

 記事: Ministeerium: temperatuur töökohal võiks jääda 28 kraadi piiresse
 参考: 窓を開ける - aknad lahti (2010/07/19)

 「室温28℃」と大きく書いた手作りのポスターが職場の廊下のドアに真冬もずっと貼ってあるのを見ながら,冬室温をこんなに上げたら暑いのになあ,と内心くすくす笑いながらも,「ポスターを冬の間は剥がそう」などと言ったら白い目で見られるかもしれないと思いつつ廊下を歩いていた時期があったが,いつの間にかそのポスターは消えてしまい,夏になってもそのドアに戻ってこなかった。冬は「室温20℃」のはずなのだが,「ウォームビズ」というのは「クールビズ」ほどうるさくは言われていないような気がする。気のせいかもしれない。ただし,年齢によって,温度の感じ方が違うという医学的研究があるらしいので,あまり一律に標準温度というものにこだわりすぎると,ときには問題になることもあるのではないだろうか。柔軟に行きたいものである。

職場の温度 tööruumi temperatuur
国際標準  rahvusvaheline standard
肉体的労働 füüsiline töö
事業者   tööandja
労働者   töötaja
下げる   alandama
湿度    niiskus
服装    riietus
年齢    vanus
健康状態  tervislik seisund
新鮮な飲み水 värske joogivesi
休憩時間  puhkepaus
涼しい   jahe
熱中症   kuumarabandus
炭酸ガス抜きのミネラルウォーター gaasita mineraalvesi
水分の喪失 vedelikukadu
気温    õhutemperatuur
体温    kehatemperatuur
救急車,救急医療 kiirabi
扇ぐ    lehvitama

Oops! クールビズ用ではなくて「ウォームビズブラ」 (トリンプ, 2006年11月) でした
トリンプ ウォームビズブラ Termomeetri näit peaks tööruumides piirnema 28 kraadiga.

|

« 心付け - jootraha | トップページ | エストニアの水 - vesi »

健康・医療」カテゴリの記事

天気・気候」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48952757

この記事へのトラックバック一覧です: 室温28℃ - tööruumi temperatuur:

« 心付け - jootraha | トップページ | エストニアの水 - vesi »