« エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus | トップページ | 外交特権 - diplomaatiline puutumatus »

水温が下がる - veetemperatuur

 エストニアのタリンの海水浴場は,月曜日(26日),軒並み水温が11~14℃に下がり,遊泳禁止となった。唯一泳げたのは,タリン市の南西の外れにある内陸のハルク湖 Harku järv の岸だけだったらしい。

 タリン市の公共海水浴場の7月26日午後6時の水温:

・ピリタ海岸 Pirita     14℃ (快晴 気温 24℃)
・カクマエ海岸 Kakumäe 13℃ (快晴 気温 25℃)
・ピカカリ海岸 Pikakari  12℃ (曇り 気温 21℃)
・ストローミ海岸 Stroomi 11℃ (晴れ 気温 26℃)
・ハルク湖岸 Harku    24℃ (快晴 気温 26℃)

 記事: Ootamatult külmaks muutunud vesi peletas inimesed rannast

 海水浴場の水温が急に下がったのは,南風・東風が原因という。夏,このあたりの海の水温が30℃前後にまで上がるとしても,温かい水の層はほんの数メートルしかなく,それが南や東の方角から吹く風によって,遠くフィンランド湾の奥の方に運ばれて行ってしまうと,下の冷たい水の層が現れる。いずれ,風向きが北や西の方角に反転すれば,ふたたび温かい水がタリンの海岸にもどってくる可能性があるが,水温が回復するには少なくとも数日かかる。その場合でも,水温がもとのレベルに戻る保証はないというのが専門家の見解である。

岸   rand
冷たい,寒い külm, jahe
氷のように冷たい水 jäine vesi
泳ぐ  suplema, ujuma
暑い  lämbe
夏の天気 suveilm
水温  veetemperatuur, veesoojus
気温  õhutemperatuur, õhusoojus
高い  kõrge
低い  madal
夏を過ごす suvitama
バスタブ vann
浅い水 madal vesi
健康に良い tervislik
太陽  päike
閉ざされて umbes
海水  merevesi
海岸の水 rannavesi
冷たくなる jahenema
風   tuul
方角  suund
南   lõuna
北   põhi
東   ida
西   lääs
南風  lõunatuul
東風  idatuul
変わる muutuma
原因  põhjus
結果  tagajärg
水の層 veekiht
表面  pind
底   põhi
上がってくる kerkima

7月26日のカクマエ海岸 Kakumäe rand
Eile pärastlõunal katsusid suvitama tulnud noored Kakumäe rannas vett vaid varbaga, ujuma minna ei julgenud 12-kraadisesse merevette mitte keegi.

|

« エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus | トップページ | 外交特権 - diplomaatiline puutumatus »

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48987322

この記事へのトラックバック一覧です: 水温が下がる - veetemperatuur:

« エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus | トップページ | 外交特権 - diplomaatiline puutumatus »