« ヒッチハイク - pöidlaküüt | トップページ | 害虫 - taimekahjur »

おぼれる - uppuma

 猛暑のエストニアでは水難事故が例年より多い。昨年の水死者は7月末で37人だったが,今年は7月上旬までに47人に達している。まだ暑い日が続くので,この数字はさらに増えるだろうと予想される。

 記事: Tänavu on uppunud juba 47 inimest

 溺れる原因は,酒に酔って水に飛び込む人や,水泳が許可されていない場所で安全を確かめずに泳ぐ人が後を絶たないからであるとされる。ニュースを読んでいると,採石・採掘で掘られた縦穴 (karjääri) に水がたまってできた池で事故に遭うケースがかなり多いようである。

おぼれる   uppuma
水死者   uppunu
水死   uppumissurm
命を失う  elu kaotama
水泳 (水浴) する suplema
泳ぐ     ujuma
池      tiik
採掘場,採石場 karjääri
水に飛び込む vette hüppama
海岸監視員 rannavalvur
内陸の水路網 siseveekogu
岸      kallas, rand
酔っ払って  purjus

 採石場を意味する karjäär (英語 quarry) だが,職歴とか出世の意味の karjäär (英語 career) と同音なので不思議に思って調べてみたら,どちらもフランス語から来ていて,フランス語でも carrière で同じ綴りである。余談だが,日本語へは,英語から career と並んで carrier が「キャリア」で入っているから紛らわしい。後者は「HIVキャリア」「B型肝炎キャリア」のように使われるが,「HIVキャリアだということがわかってキャリアを失った」なんて言い方,実際にすることがあるんでしょうか。

採石場あとの立て札 - おぼれる危険あり (Uppumisoht)
Viljandimaal Ahimäe karjääri kõrval on uppumise eest hoiatav silt.

|

« ヒッチハイク - pöidlaküüt | トップページ | 害虫 - taimekahjur »

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48859653

この記事へのトラックバック一覧です: おぼれる - uppuma:

« ヒッチハイク - pöidlaküüt | トップページ | 害虫 - taimekahjur »