« 郵便切手 (2) - postmark | トップページ | 海岸 - rand »

火災の危険 - tuleoht

 エストニアでは,この秋から,火災予防に関する規制が強化される。

 記事: Seadus käsib kaminaesise katte püsivalt kinnitada
 記事: Määrus seab piirangud kodus hoitavale kütusekogusele
 記事: Sügisest tuleb plastkonteinerid majast nelja meetri kaugusele lohistada

 たとえば,暖炉の焚き口の前の床は,不燃性の保護板などを固定し,常時覆っておくことが義務付けられる。家の外にプラスチック製の大型ゴミ保管容器を置く場合,ドアや窓などの近くでは,外壁との間に,現在の2メートル以上から4メートル以上の距離を置くように義務付けられる。また,建物の外壁同士の間の空き地の幅も,同じく現在の2メートル以上から4メートル以上に増やされる。なお,住居の地下室,あるいは,住居と同じ建物内に作られた車庫・物置に保管・貯蔵することのできる可燃性の液体の量の上限は,40リットルになる。

暖炉        kamin, küttekolle
暖炉の焚き口の前の床 kaminaesine
ストーブ,かまど  ahi
煙突        korsten
覆い        kate
床         põrand
不燃性の      mittepõlev
ブリキ板      plekitükk
危険        oht
危険な       ohtlik
安全な       ohutu
火災の危険     tuleoht
燃えやすい     tuleohutlik
固定する,取り付ける kinnitama
火花        säde
火の粉       söetükk
火災        tulekahju
大型のゴミ容器   prügikonteiner
家,建物      maja, hoone
外壁        välissein
ドア        uks
窓         aken
物置        kuur
車庫        garaaž
貯蔵する      ladustama
住居        eluhoone
液体        vedelik
地下室       kelder

Jalgu soojendades ei või unustada tuleohutust.

Prügikastid Kalamajas

|

« 郵便切手 (2) - postmark | トップページ | 海岸 - rand »

建築」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48794452

この記事へのトラックバック一覧です: 火災の危険 - tuleoht:

« 郵便切手 (2) - postmark | トップページ | 海岸 - rand »