« タルト空港 - Tartu lennujaam | トップページ | エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus »

瓶詰めにする - purgistama

 エストニアの夏の野菜の代表はキュウリである。この時期には,畑で自前のキュウリを栽培していなくても,市場に行けばふんだんに買うことができる。コリッという音を立てて口いっぱいにほおばる新鮮なキュウリの塩漬けの味は格別で,「エストニア人に生まれてよかった」と感じる瞬間である。

 記事: Purgistamist kurgifännidele

 エストニアのオーソドックスなキュウリの塩漬けの作り方を紹介する。

採れたてのキュウリの塩漬け Värsked soolakurgid
2リットル
・採れたてのキュウリ 1kg
・西洋わさびの葉 1枚
・黒スグリの葉 手のひらに2杯
・ニンニク 3~4片
・花のついたディルの枝 3~4本
・水 750cc
・粗塩 1.5~2 cc

 キュウリを氷を入れた水の中に3~4時間浸けておく。西洋わさびの葉を細く刻む。ニンニクの皮をむき,スライスする。お湯を沸かし,塩を加えてよくかき混ぜて溶かす。塩水が冷えるのを待つ。

 2リットル入りの広口ビンまたはボールの底に,黒スグリの葉,西洋わさびの葉,ニンニク,ディルを敷き,その上にキュウリを敷き詰めるように載せる。これを材料がなくなるまで繰り返し,一番上には葉っぱをかぶせる。上から塩水を注ぎ,重石を載せて一晩寝かせる。

広口瓶    purk
瓶詰めにする purgistama
畝,苗床   peenar
カリッ,コリッ krõmps
口にいっぱいの食べ物 suutäis
市場     turg
採れたての  värske
キュウリ   kurk
塩      sool
キュウリの塩漬け soolakurk
レシピ    retsept
由来する   pärinema
料理本    kokaraamat
ニンニク   küüslauk
ディル    till
西洋わさび  mädarõigas
皮を剥く   koorima
スライスする viilutama
沸騰する   keema
鉢,ボール  kaus
塩水     soolvesi
注ぎ入れる  valama
層      kiht
重石     raskus

Purgistamist kurgifännidele

|

« タルト空港 - Tartu lennujaam | トップページ | エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus »

料理・食文化」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48977621

この記事へのトラックバック一覧です: 瓶詰めにする - purgistama:

« タルト空港 - Tartu lennujaam | トップページ | エストニア人のロシア語の知識 - vene keele oskus »