« 交換レート - vahetuskurss | トップページ | トロリーバス - trollibuss »

コウモリ - nahkhiir

 エストニアのパルヌとタルトの間にあるヴィリヤンティ県 Viljandi の小学校の先生の家族の夏の別荘コウモリの群れが住みついた。映像を見る限りでは,別荘の家族は子どもたちも含めて,気味悪がるというよりは,楽しんでいる。コウモリたちの方も,人間を怖がっている様子はなく,子どもたちが頭を撫でても逃げない。専門家たちも,昼間は暗い場所に潜んでいるはずの,コウモリが明るい場所にどうどうと姿をみせている珍しい現象に「実に面白い」と言っているという。

 記事: Viljandimaa pere sõbrunes oma suvilas nahkhiirtega

 比較的最近できた立ち上がったサイトのようだが,コウモリ愛好家3人 (うち女性1人,タリン大学の研究者?) が「大きな耳」Suurkõrv という名前の非営利団体を作って運営しているらしい。なんでも今週 (7/12-18) は,「コウモリの夜」週間とかで,ヨーロッパ諸国で,コウモリをテーマにした展覧会や公開講演,コウモリ見学の夜のツアーなどが各地で企画されているという。詳しくは,次のサイトを参照。

 コウモリ愛好家のブログ: MTÜ Suurkõrv

 コウモリの寿命は意外に長く,20年も生きることがあるらしい。エストニアのコウモリは,手で捕まえようとしたりしなければ,人に噛み付くことはなく,主として昆虫などをたべるだけだそうである。一般に,ヨーロッパやアジアのコウモリに関する限り吸血鬼とは無縁で,中南米に牛の血を吸う種族がいるくらいだという。

コウモリ        nahkhiir
皮           nahk
ネズミ         hiir
夏の別荘・別邸   suvila, suvekodu
家族          pere
友人付き合いする  sõbrunema
壁           sein
恐れる        pelgama
愛好者        huviline
展覧会,展示会   näitus
公開講演       avalik loeng
公開の,公共の   avalik
講演,講義      loeng
非営利団体,NPO mittetulundusühing, MTÜ

Nahkhiir01

Nahkhiir02

Nahkhiir03

Nahkhiir04

|

« 交換レート - vahetuskurss | トップページ | トロリーバス - trollibuss »

ペット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48873878

この記事へのトラックバック一覧です: コウモリ - nahkhiir:

« 交換レート - vahetuskurss | トップページ | トロリーバス - trollibuss »