« バス - autobuss | トップページ | 記録的な暑さ - soojarekond »

言語法 - keeleseadus

 エストニアの言語法の改正法案をめぐ省庁間の調整が最終段階に入っているということをしばらく前に話題にしたが,ここにきて,政党の選挙運動中のスローガンやテレビコマーシャル,マスコミのインタビューなどにおける外国語の使用を制限する条項などをめぐって,省庁間の意見がまとまらない状態がつづいている。

 言語法改正案の第16条第1項は,公共の標識,案内板,企業の業種名 (例:喫茶店など),告知,通知,広告などの公共的な伝達,並びに,上に列記した形式で行われる政治的な宣伝は,エストニア語で行なうよう義務付ける。また,同法案の第10条4項は,国家公務員が報道メディアで外国語を使うことを禁じている。

 教育省が国会に提案しようとして省庁間の意見を調整している言語法の改正案に反対しているのは,法務省外務省である。問題の条項が現実にもっとも深刻に関わるのは,タリン市長サビサール Edgar Savisaar を党首とし,ロシア語系住民の圧倒的支持を受ける野党の中央党 Keskerakond なのだが,難色を示しているラング法務相 Rein Lang, パエト外務相 Urmas Paet がともに改革党 Reformierakond 出身であるのが興味深い。参考までに,ルカス教育相 Tõnis Lukas は,ラール Mart Laar の率いる祖国・共和国連合 Isamaa ja Res Publica Liit の所属である。祖国・共和国連合は,エストニアでもっとも民族主義色を強く押し出している政党であるのはよく知られている通りである。

 参考までに,言語法改正案では,公共の伝達はすべてエストニア語で行うが,外国語の翻訳を添えることができる,と定めている。法務省は,改正案通りでは,地方議会選挙の投票権が与えられる他のEU諸国の国籍をもつ人に向けて直接訴えかけができないことになるという点を,反対のもっとも強い根拠としているようである。これに対して,教育省は,公共の場の伝達が,エストニア語以外で行われるなら,憲法に定めている,エストニア国民がすべての公共の伝達に等しくアクセスする権利が侵害されることになる点を強調している。

 記事: Venekeelne poliitreklaam ajab ministrite arvamused lahku
 記事: Juhtkiri: mida lubab poliitik naabrile?
 参考: 法案 - eelnõu (2010/03/18)
 参考: 表示板 - tänavasilt (2010/06/19)

 意外に思う人が多いだろうが,ソビエト時代には,たとえソ連共産党の全国大会のスローガンであったとしても,ロシア語だけで町に掲示されることはなかった記憶がある。昨年の地方選挙で,中央党がロシア語だけの垂れ幕を貼ったことで,多くのエストニア人が不安な気持ちになり,言語監督庁に苦情を申し入れた人がいたことについて,私はエストニア人の心情がよくわかる気がする。単なる建前にすぎなかったとして批判されるロシア語と共和国語の二言語併用だが,ソビエト体制には,二言語併用に関して,不思議と律儀な一面があったのである。

ロシア語の   venekeelne
エストニア語の eestikeelne
言語法     keeleseadus
法案      eelnõu
教育省     haridusministeerium
法務省     justiitsministeerium
外務省     välisministeerium
公共の     avalik
伝達,情報   teave
標識      silt
案内板,看板  viit
宣伝      reklaam
政党      erakond
投票権     hääleõigus
市民,国民   kodanik
憲法      põhiseadus

Keskerakonna liidri Edgar Savisaare tsitaadiga venekeelne valimisreklaam eelmise aasta sügisel kohalike valimiste eel Laagna teel Mustakivi keskuse lähedal.

|

« バス - autobuss | トップページ | 記録的な暑さ - soojarekond »

法律」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48765822

この記事へのトラックバック一覧です: 言語法 - keeleseadus:

« バス - autobuss | トップページ | 記録的な暑さ - soojarekond »