« ユーロ硬貨 - euromünt | トップページ | 身動きがとれない - vangis »

人的資源 - inimvara

 「エストニアの人的資源に関する報告」という政策提言が発表された。報告書によると,現在,世界に住むエストニア人の数は106万人,そのうちの88%,93万人がエストニアに住み,残りの12%,13万人が海外に住んでいる。

 海外のエストニア人のうち,東側,すなわちロシアに住むエストニア人の数は,高齢化と同化のために,はっきりと減少傾向が見られる。これに対して,西側諸国に住むエストニア人の数は,1990年代から移住が再び始まった結果,60年間ほとんど変わっていない。新しく転出先となった国々,とりわけフィンランドでは,エストニア人の数が急速に増えている。とくに,エストニアのEU加盟以後,留学,出稼ぎのための転出が増えている。外国に転出するエストニア人の10人にひとりは高学歴をもつ。

 外国に出るエストニア人のうちのかなりの人々は,転出の理由が留学,就職のいずれにせよ,一時的な移住で,一定期間後に帰国している。それは,1974年~1983年に生まれた女性たちの15%が海外生活を経験しているという調査報告の数字からも明らかである。

 長期的には,国外への転出より,国外からの転入が増えるだろうと報告書は予想する。また,外国に永住するエストニア人がいることをエストニア国家にとっての損失と見なすのではなく,エストニアと諸外国とを結ぶ橋渡し役となる人材と考えるべきだと指摘し,そのための1つの方策として,海外在住のエストニア人の子どもたち,若者たちが,エストニアに留学できるようなしくみを作るべきだと提案している。

 専門知識を身につけたエストニア人の帰国,また,専門知識をもつ外国人の転入を積極的に受け入れるためには,職場を提供するだけではなく,地域の住民サービスに従事する人々の外国語の知識の向上や,学校・幼稚園の多言語社会化への対応が必要であると,報告書は述べている。

 記事: Raport: kümnendik eestlastest elab võõrsil
 記事: Kas sisseränne on Eestile lahendus?
 参考: 転入 - sisseränne
 参考: シベリアのエストニア人 - Venemaa
 参考: エストニア人 - eestlane (2010/02/02)

人的資源  inimvara
異国に,外国に võõrsil, välismaal
世界     maailm
割合     osakaal
転出     väljaränne
転入     sisseränne
去る     lahkuma
教育水準  haridustase
高等教育  kõrgharidus
一時的に  ajutiselt
最終的に  lõplikult
経験     kogemus
豊かさ    jõukus
増大する   suurenema
現象する   vähenema
外国語の知識 keeleoskus
多言語の  mitmekeelne
長期的な  pikaajaline
解決する  lahendama
可能性   võimalus
人口構成  rahvastik
人口     rahvaarv
住民全体  elanikkond
労働力   tööjõud
制限する  piirama

Sisseränne

|

« ユーロ硬貨 - euromünt | トップページ | 身動きがとれない - vangis »

旅行・地域」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48888492

この記事へのトラックバック一覧です: 人的資源 - inimvara:

« ユーロ硬貨 - euromünt | トップページ | 身動きがとれない - vangis »