« 国境の茶屋 - teemaja | トップページ | 言語法 - keeleseadus »

バス - autobuss

 ソビエト時代,バスはハンガリー,乗用車はポーランドといった工業生産の分業が東欧諸国で行われていた。当時のソ連東欧では,競争などなかったから,ハンガリーの工場は,同じモデルのバスを大量に作り続けても,確実にさばくことができた。エストニアでも,町を走る公共のバスは,ハンガリー製の黄色の Ikarus イカロスと決まっていた。

 ソビエト体制の崩壊後,フィンランドやスウェーデンから購入された青などの色の中古バスが走るようになるとともにすっかり姿を消した黄色のイカロス・バスだが,1台だけ比較的保存のいい車両がどこかにあったらしい。それをタリン市バス公社 Tallinna Autobussikoondis (TAK) の職員らが修理し,ひとりの運転手が,実際にかつてのバス運行路線にそって運転して走ってみたということのようだ。

 記事: Ikaruse buss paneb nostalgikul silmad särama
 参考: 切符 - pilet, talong

 運転席が人間の身体構造に合わせて設計されていなかったので,運転手の腕や足が疲れたとか,排気ガスがひどかったとか,ブレーキ操作がぎこちなかったとか,いろいろ問題の多かったバスだが,とりわけ,このバスを長く運転した運転手たちにとっては,懐かしい車両のようだ。

黄色の   kollane
バス    buss, autobuss
微笑み   naeratus
駐車場   parkla
ハンガリー Ungari

Ikarus01

Ikarus02

Ikarus03

Ikarus04

Ikarus05

|

« 国境の茶屋 - teemaja | トップページ | 言語法 - keeleseadus »

交通・道路」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48760620

この記事へのトラックバック一覧です: バス - autobuss:

« 国境の茶屋 - teemaja | トップページ | 言語法 - keeleseadus »