« 残留物 - jääk | トップページ | 順番待ち - järjekord »

エストニア・クローン (2) - Eesti kroon

 現在エストニアで使われている貨幣単位クローン kroon が,ソビエト時代のルーブル rubla に代わるものとして導入されたのは,18年前(1992)の6月20日である。10 rub=1 kr のレートで交換された。当時のエストニア銀行の総裁はシーム・カラス Siim Kallas (改革党,現在,欧州評議会委員)だった。

 記事: 18 aastat tagasi tuli käibele Eesti kroon (ERR)
 記事: 18 aastat tagasi tuli käibele Eesti kroon (Postimees)

 エストニアでは,1928年から1940年にも kroon という貨幣単位が使われていたので,それが復活したわけなのだが,来年1月に予定されているユーロ euro の導入によって,エストニア・クローンは,再導入後,18歳の誕生日を迎えて成人になったとたんい,早くもその短い歴史の幕を閉じることが決まってしまった。

 ちなみに,クローンの100分の1はセント sent で,ユーロの100分の1と同じ名称である。インフレで sent という単語がほとんど聞かれなくなっていた昨今のエストニア語だが,ユーロの登場で,この単語が一時的に息を吹き返すかもしれない。

貨幣,通貨   raha
通用し始める  käibele tulema
通用させる   käibele laskma
ユーロ      euro
クローン     kroon
セント      sent
ルーブル    rubla
コペーカ     kopikas
交代する    välja vahetama
価値       väärtus
消えずに残る  püsima jääma
エストニア銀行 Eesti Pank

ルーブルとクローンの交換は学校を借りて行われた (1992年当時)
Rublad sulle, kroonid mulle! Õismäe koolis sisse seatud rahavahetuspunkt oli üks, kus kroonide omanikuks võis saada.

|

« 残留物 - jääk | トップページ | 順番待ち - järjekord »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48685179

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア・クローン (2) - Eesti kroon:

« 残留物 - jääk | トップページ | 順番待ち - järjekord »