« 母親と息子 - ema ja poeg | トップページ | 冗談 - nali »

男女機会均等 - sooline tasakaal

 エストニアの社会保健省によると,エストニアはEU諸国の中で男女の職業差がいちばん大きい国であるという。エストニアの労働者の半数以上が,男女の比に3:1以上の開きがある業種で働いている。男性が優勢な職業は,技術系や交通・運輸,また,管理職も男性の割合が高い。女性が優勢な業種は,医師,教員,事務員,販売員など。

 社会保健省は,職業選択における男女の不均衡を解消するためのキャンペーンを11月まで,マスコミやインターネット通じて行うことになった。スローガンは「仕事で大切なのは誰がそれをするかということ,男がするか女がするかではない」 (too soltub tegijast, mitte tema soost)

 記事: Eestis eristatakse meeste ja naiste töid muust Euroopast rohkem
 Web ページ: Kutsumus

 キャンペーンは「職業を選ぶ際に肝要なのは,自分の能力,知識,経験,特性,希望をもとに判断することであって,自分が男か女かに基づいて決めるのはよくない」ということを訴えるのが目的で,鉄工技師や通信技術者になった女性,美容師やレース編み職人になった男性のように,思い切った職業選択をした人々を紹介するポスターも作るという。このような職業選択の慣行が浸透することは,雇用者にとっても利益になることも訴えていくと,社会保健省の担当者は述べている。

分離する    eristatama
女性,女    naine
男性,男    mees
性別      sugu
性別に関する  sooline
釣り合い    tasakaal
後進的な    mahajäänud
性別      sugupool
労働者,従業員 töötaja
雇用者     tööandja
スローガン   peasõnum
勇気ある    julge
選択      valik
後悔する    kahetsema
ウェブページ  veebileht
ポスター    plakat
キャンペーン  kampaania
専門領域    eriala
職       amet
職業      elukutse
能力      oskus
知識      teadmine
経験      kogemus
貢献する    kaasa aitama
有能な     pädev

 エストニアと日本が大きく違うところは,エストニアでは医者が女性の職業であることで,これは,ソビエト時代,医者と教員は,もっとも給料の少ない職業で,女性がつくことが多かったことの名残である。

Meeste töö?

Naiste töö?

|

« 母親と息子 - ema ja poeg | トップページ | 冗談 - nali »

教育」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48408519

この記事へのトラックバック一覧です: 男女機会均等 - sooline tasakaal:

« 母親と息子 - ema ja poeg | トップページ | 冗談 - nali »