« 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto | トップページ | 発展計画 - arengukava »

保存する - säilitama

 ユーロ圏への加盟に向けて一歩前進したエストニアの首都タリンのエストニア銀行の前で,ユーロ導入反対を訴える人たちがデモを行った。

Eurole ülemineku vastased pikettisid Eesti Panga ees

 デモの主催者,法律家のA・ポーラメッツ氏 Anti Poolamets は,こう主張する。「隣国スウェーデンに見習うべきだ。(ユーロに移行していない)スウェーデンはこの経済危機を,(ユーロに移行した)フィンランドよりうまく乗り切っている。一言でいえば,わが国の経済は成長しなければならない。脱線しようとしている列車の最後尾の車両に飛び乗るなどもってのほかだ」

 プラカードに書いてあるスローガンを訳してみた。

EI EUROLE!
 ユーロはごめんだ!
MILLEKS ABIELLUDA SUREVA PRUUDIGA? KREEKA HISPAANIA PORTUGAL
 なぜ瀕死の花嫁と結婚するのか? ギリシア・スペイン・ポルトガル
ELAGU KROON! MAHA EURORUBLA!
 クローン万歳! ヨーロッパ・ルーブルお断り!
EESTI PANK MIKS SA EI KAITSE EESTI KROONI?
 エストニア銀行よ,なぜクローンを守らない
§111 Eesti raha emissiooni ainuõigus on Eesti Pangal
 第111条 エストニアの通貨を発行する唯一の権限を持つのはエストニア銀行である

 いちばん最後のスローガンは憲法の条文。

移行      üleminek
ピケットを張る piketeerima
残す      säilitama
手放す     loobuma
貨幣      raha
交換する    vahetama
経済危機    majanduskriis

|

« 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto | トップページ | 発展計画 - arengukava »

旅行・地域」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

エストニアはなぜこのタイミングでユーロ加盟を決めたのでしょうか?
ギリシャをはじめ、混乱しているユーロに入るなんて自殺行為に思えるのですが。。。
この先、まだデモ起こるんでしょうね。

投稿: 川村 | 2010/06/01 14:19

なぜわざわざこんな時期にEUではエストニアのユーロ圏参加を認める方向で動いたのか,タイミングが悪いですよね。ただ,これだけ経済状態がわるくなってくると,エストニア一国だけの通貨を維持するのはむずかしいという事情もあるんじゃないでしょうか。何しろ,日本の1つの県程度の規模の人口ですから。

もうひとつは,エストニアにとって,ユーロ圏に入ることが,ヨーロッパにより緊密に統合されるという意味をもち,安全保障の点でも有利だという考えかたがあると思います。どのみちどこかの Union に属さなければ国として生き残れない運命なら,Europen Union を選ぼう,Soviet Union は二度とごめんだ,という心理ですね。これは心情的によくわかります。

投稿: ブログの主 | 2010/06/01 16:20

変な質問ですが、
ブログ主さんは、なんでエストニアに詳しいんですか?
エストニアに住んでいらっしゃるのですか?
私は、ギリシャ発の財政危機についていま調べていて、その流れでこのブログを拝見しました。
差し支えなければ教えてください。

投稿: 川村 | 2010/06/01 17:40

エストニアやエストニア人とは,ソビエト時代 (1970年代末)から,30年以上の付き合いです。今では誰でも簡単に行けるようになったので,旅行情報は多いですが,深いつきあいのある人は少ないと思います。私がエストニアに住んだのは半年だけですが,毎年タリンには行くようにしてます。エストニアの新聞サイトで毎日ニュースをチェックするのが日課で,それをネタにマニアックなブログを書いてます。自分用の覚え書きみたいなものです。ときどき通訳にかり出されます。把瑠都とも会って話したことがあります。一緒の写真もあります (笑)

投稿: ブログの主 | 2010/06/01 19:06

ありがとうございます。
エストニアについて疑問、質問がある場合またこのブログを通じてご連絡させてください。

投稿: 川村 | 2010/06/02 16:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48348490

この記事へのトラックバック一覧です: 保存する - säilitama:

« 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto | トップページ | 発展計画 - arengukava »