« 国産の - kodumaine | トップページ | 悲観論 - kahtleja »

薬剤 - ravim

 エストニアの市場では,薬局の3分の1~10分の1の値段で様々な薬剤が手に入るという。ニュース番組のレポーターが実際に市場で買ってきた Višnevski salv の名前で知られ,ソビエト時代には普通に使われていたロシア製の軟膏をスタジオで見せている。市場では,医師の処方箋がないと買えないはずの薬も手に入るという。

 番組にゲスト出演した女性医師は,市場で売られている薬はパッケージに書いてある通りの中身かどうかわからいないこと,副作用がある薬を,医師に相談せずに服用するのは危険であること,などの理由をあげて,市場から絶対に薬を買わないように視聴者に呼びかけた。また,医師の処方なしに買えるビタミン剤などにかなりのお金をかけている人のなかには,医師が処方した薬を高くてお金がないと批判する人もいるが,これは本末転倒なので,意識改革が必要だとも述べている。

 記事: Perearst nimetas turult ravimi ostmist vene ruletiks

市場     turg
薬      ravim, rohi (rohtu)
軟膏     salv
錠剤     tablett
粉末     puru
液体     vedelik
効能,効きめ toime
副作用    kõrvaltoime
パッケージ  karp

|

« 国産の - kodumaine | トップページ | 悲観論 - kahtleja »

健康・医療」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48292844

この記事へのトラックバック一覧です: 薬剤 - ravim:

« 国産の - kodumaine | トップページ | 悲観論 - kahtleja »