« 悲観論 - kahtleja | トップページ | 通行禁止 - suletud »

ない - puuduma

 ギリシャの財政危機をきっかけに起こったユーロの信頼感の喪失が,世界規模の金融危機に発展しそうな気配だが,来年1月からのユーロ圏移行を目指すエストニアも揺れている。

 記事: Päeva karikatuur: plaan B samahästi kui puudub? 今日の風刺画:プランBはあるのか

L・コイトゥラ「もしユーロ圏に移行できなかったらどうするの」
C・R・ヤコプソン「年金支給年齢が上がり,われわれは利潤だけを求める商人たちの餌食になるね」
K・E・ベール「このあたりでルーブル圏参加も考えてみないか」

 Plaan B samahästi kui puudub?

 ご存じない方のために解説をすると,この3人はいずれも,クローンのお札に登場するエストニアの文化人です。Lydia Koidula (1843 - 1886)は詩人,Carl Robert Jakobson (1841 - 1882) はジャーナリストで,ふたりともエストニア人。Karl Ernst von Baer (1792 - 1876) はドイツ人の生理学・病理学者。

Lydia Koidula (1843-1886)
Lydia Koidula (1843-1886)

Carl Robert Jakobson (1841-1882)
Carl Robert Jakobson (1841-1882)

Karl Ernst von Baer (1792-1876)
Karl Ernst von Baer (1792-1876)

|

« 悲観論 - kahtleja | トップページ | 通行禁止 - suletud »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48302071

この記事へのトラックバック一覧です: ない - puuduma:

« 悲観論 - kahtleja | トップページ | 通行禁止 - suletud »