« シーズン - hooaeg | トップページ | 爆破予告 - pommiähvardus »

郵便馬車 - postitõld

 19世紀にエストニアでも走っていたと考えられる郵便馬車のレプリカが,西エストニアのパルヌ Pärnumaa の木工場で作られた。6月30日から,南エストニアのポルヴァ Põrva とオテパー Otepää のちょうど中間にあたりにあるカネピ Kanepi の街道博物館 maanteemuuseumで開かれる企画展示「道の時代」で一般公開され,実際に乗ってみることができるという。

 この二頭立て馬車は,郵便馬車を描いた19世紀中頃の絵をもとに設計されたものらしい。ただし,ブレーキだけは,現在の交通法規の帰省に合わせて,現代のものが使われている。馬車の車体には,КАРЕТА (車両), ПОЧТОВАЯ (郵便の) とロシア語だけで書かれており,往時が偲ばれる。

 記事: Pärnumaal valmis haruldane postitõlla koopia (Postimees 2010/05/26)

馬車     tõld
ブレーキ   pidurid
似ている   sarnane
二頭立て  kahehobuserakend
絵,図    joonistus
世紀     sajand

 Haruldast postitõlda saab näha Põlvamaal Kanepi vallas Varbusel asuvas maanteemuuseumis.

|

« シーズン - hooaeg | トップページ | 爆破予告 - pommiähvardus »

交通・道路」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48461595

この記事へのトラックバック一覧です: 郵便馬車 - postitõld:

« シーズン - hooaeg | トップページ | 爆破予告 - pommiähvardus »