« 語彙 - sõnavara | トップページ | 海岸 - rand »

墓参り - kalmistu

 第2次大戦中に捕虜として,戦闘中に,あるいは退却中にエストニア領内で死亡したドイツ人は35000人と言われる。彼らの一部はエストニア各地にあるドイツ人戦死者の墓地に葬られている。戦闘は,エストニア東北部のヴィル地方でとくに激しかったので,ドイツ人墓地はこの地方に特に多い。

 毎年6月になると,ドイツ人たちが墓参りに訪れる。今年もコフトラ・ヤルヴェ Kohtla-Järve にあるドイツ人捕虜の墓地にドイツ人たちがやってくるという。大部分は,ドイツ軍兵士のボランティアらしい。

 第2次大戦では,ドイツ軍に志願して戦ったエストニア人も多く,1100~1200人のエストニア人がドイツ軍兵士としてヨーロッパ各地の戦死ドイツ兵墓地に眠っているが,ドイツ人たちはヨーロッパ各地の墓地の墓参りも同様の方法で,毎年欠かさず行っているらしい。

 なお,ドイツ軍撤退のときに行われた激しい戦闘による破壊や混乱,また,ドイツ本国での敗戦後の混乱のため,戦死者に関する記録はきちんと残っておらず,戦死者の数は確定できない。また,小さな墓地を改葬目的で整備すると,身元不明の死者が新たに発見されることが少なくないという。

 記事: Saksa sõdurid korrastavad Kohtla-Järvel sõjavangide kalmistu

ドイツ     Saksa
軍隊      sõjavägi
戦死者     sõjas langenu
兵士      sõdur
戦争捕虜    sõjavang
墓地      kalmistu
第2次世界大戦 Teine maailmasõda
戦闘      lahing

【補足】 2010/10/17 事実の間違いに気づいたのでテクストを一部削除した。

Saksa sõjaväekalmistu Maarjamäel タリンのマーリヤマエ・ドイツ人兵士墓地
Saksa sõjaväekalmistu Maarjamäel

|

« 語彙 - sõnavara | トップページ | 海岸 - rand »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48390343

この記事へのトラックバック一覧です: 墓参り - kalmistu:

« 語彙 - sõnavara | トップページ | 海岸 - rand »