« コンディション - vorm | トップページ | シーズン - hooaeg »

酩酊状態 - joove

 アルコールや薬物の影響下にある状態のことで「酔っ払っている状態」のエストニア語における医学的・法律的な表現。joobes という形に変化させると purjus と同じ「酔っ払った,酔っ払って」という意味になる。

 酒気帯び運転の記事を2つ。1人は,深夜のタリン都心で,警察の制止を振り切って日本車で逃走し,パトカーと追跡劇を演じた男 (運転席にロシアの国旗があったので,ロシア人だろう)。もうひとりは,キフヌ島近くの海上を酔ってボートで航行していた男で,パルヌ海上警察に検挙された。

 記事: Joobes mees üritas politsei eest pageda
 記事: Veepolitsei tabas Kihnus purjus paadijuhi

酩酊状態     joove
酔った,酔って  joobes, purjus
運転する     juhtima
酒気帯び運転  joobes juhtimine
運転手      juht
自動車      auto
乗り物      sõiduk
逃走する     põgenema
(人が)走る    jooksma
酔いから覚める kainenema
船,船舶     alus, laev
小型船,舟    paat
はしけ,ランチ  kaater
操舵者      paadijuht
水上(海上)交通 veeliiklus
救命装備    päästevarustus
漁師       kalur

Politsei pidas kinni põgeneda püüdnud purjus mehe

水上警察のはしけ(kaater)
Veepolitsei kaater

|

« コンディション - vorm | トップページ | シーズン - hooaeg »

社会」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48446388

この記事へのトラックバック一覧です: 酩酊状態 - joove:

« コンディション - vorm | トップページ | シーズン - hooaeg »