« 愛沙尼亜館 - Eesti paviljon | トップページ | 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto »

評定する - hindama

 欧州委員会 Euroopa Komisjo は12日,エストニアがユーロ圏に加盟できる条件を満たしているという判定を下した。エストニアを来年 (2010) 1月からユーロ圏に受け入れるかどうかの最終決定は7月6日に行われ,エストニアは17番目のユーロ圏加盟国になる。

 エストニアTVのニュース番組は,首都タリンでの街頭インタビューに答えた人々は,とくに喜んでいるとも,とくに心配しているともいえず,ユーロへの移行は時代の流れであり,国の経済にとってはいいことだと,きわめて冷静に受けとめていたと報道している。他方,ユーロ受入のために払うべき代価として「物価が間違いなくあがる」「国のシンボルだったクローンがなくなるのは残念だ」いった,好ましくない面を上げた人たちもいた。

 エストニアの金融大臣は,ユーロへの移行に際に,クローンとユーロの交換レート (1 EUR = 15.6466 EEK) が変更されることはないと述べた。

 記事: Euroopa Komisjon soovitab Eesti euroalasse vastu võtta
 記事: Inimesed suhtuvad euro tulekusse rahulikult
 記事: Ligi: krooni vahetuskurss ei muutu

ユーロ圏   euroala
加盟する   liituma
評定する   hindama
評価     hinnang
金融政策   rahanduspoliitika
なくなる   kaduma

 関連ページ: 集める - koguma
 関連ページ: ない - puuduma
 関連ページ: 頭を丸める - habeme maha ajama

Kollaaž Katri Kikkas

Swedbank korraldab klientidele euro tulekut puudutava infopäeva

|

« 愛沙尼亜館 - Eesti paviljon | トップページ | 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto »

旅行・地域」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

街・商業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48346682

この記事へのトラックバック一覧です: 評定する - hindama:

« 愛沙尼亜館 - Eesti paviljon | トップページ | 把瑠都 - Kaido Höövelson alias Baruto »