« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

洗濯物 - pesu

 フィンランドのユヴァスキュラ市は,入札の結果,市の洗濯物をエストニアの洗濯業者の委託することに決めた。エストニアの洗濯業者が提示した値段が,地元3社の提示した値段と比べ,3割も安かったことが,落札の理由だという。[ 記事ページ ]

洗う,洗濯する  pesema
黒い,汚れた   must
洗濯物,洗濯   pesu
安い       odav

Pesumaja.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職を辞する - ametist lahkuma

 エストニアの首都タリン市の市営交通の車掌たちに対して,特別手当や特別有給休暇と引き替えに,中央党がメーデーの日に国会の前で開く集会に参加するようにという呼びかけが上司から行われているという「内部告発」が寄せられたということを話題にした。

続きを読む "職を辞する - ametist lahkuma"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

騒動 - rahutus

 3年前の4月26日の晩から27日の早朝にかけて,エストニアのタリンでは,ソビエト兵士の銅像の市の中心部からの撤去移転問題をきっかけにした騒動が起こったことは記憶に新しい。死者も1人出た。

続きを読む "騒動 - rahutus "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵祭り - volbriöö

 5月1日は春祭り。エストニアでは volbripäev と呼ばれ,その前夜が volbriöö である。この名前は,ドイツの Walburgisnacht / Walpurgisnacht から来ているようで,フィンランド語の vappu も同語源らしい。

 祭りの起源は,キリスト教到来以前から行われていた春の始まりの祭りのようで,百科事典などを読んでみたが,魔女伝説などとも関係あるらしいことくらいで,詳しいことはよくわからなかった。起源はどうであれ,この春祭りの宵祭りは,ソビエト時代にも労働者のメーデー前夜と重なっていたから,公式に飲んで騒ぐことがずっと許されてきた日である。

 タリンのある北エストニアのハリユ県 Harjumaa では,4月30日の14:00 から,翌5月1日の午前10時まで,酒類の販売と屋外での飲酒を禁止することになった。ただし,レストランやバーの中ではアルコール飲料を提供できる。

 エストニアの法律では,県知事 maavanem には,警察の申し入れがあれば酒類の販売を禁止できるのだそうで,今回の措置は,北エストニア警察管区とタリン市役所が申し入れを行ったらしい。警察は屋外で騒ぐ酔っ払いを無条件で拘束できることになるわけで,公共の秩序の維持のための効果的な措置になりそうだ。

 記事: Volbriööl on alkoholimüük Harjumaal keelatud ハリユ県では春祭りの前夜,アルコール販売を禁止

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賄賂 - altkäemaks

 賄賂という単語がない言語はなhttp://app.cocolog-nifty.com/t/app/weblog/post?blog_id=645945#いと思われるので,どこの国にもある現象と思わざるを得ないが,エストニアでは,ロシアとの行き来が頻繁に行われる東北エストニア,すなわちナルヴァのあるヴィル県でとくに多いらしい。入国に際しての書類の審査に手心を加えてもらうのが目的である。エストニアで入国管理に携わる係官は,piirivalvur 国境警備員と呼ばれる人たちである。

 不法入国に手を貸した入国審査担当者に対して,第一審の判決が下った。

 42歳の男は,収賄と賄賂の仲介で,懲役2年1ヶ月,執行猶予3年。裁判費用などの支払 15841 クローン (13万円)
 46歳の女は,収賄で,懲役2年,執行猶予3年。裁判費用などの支払 12640 クローン (10万円)
 30歳の男は,収賄で,懲役2年,執行猶予3年。裁判費用などの支払 12640 クローン (10万円)

などなどとなっているが,控訴することができる。

 記事: Altkäemaksusüüga piirivalvurid said tingimisi vangistuse  入国管理官が収賄で執行猶予付き懲役刑

地方裁判所       maakohus
賄賂          altkäemaks
起訴する        süüdistama
国境警備員,入国管理官 piirivalvur
条件付きで       tingimisi
懲役          vangistus
罰金刑         rahaline karistus
仲介する        vahendama
有罪判決を下す     süüdi mõistma
執行猶予期間      katseaeg
控訴,上告       apellatsioon
検察官         prokurör
国境通過        piiriületus
違法な         ebaseaduslik

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビニール袋 - kilekott

 エストニアでは,ビニールの買い物袋の有料化に関する法律案が審議されているが,大型の袋は3クローン,小型の袋は無料という区別では,環境保護の観点からほとんど意味がないと主張するジャーナリストがいる。この程度のお金をとるだけでは,今までとたいしてかわらず,ビニール袋は,すぐそのままゴミ袋となって,ゴミと一緒に捨てられるだけだというのである。

続きを読む "ビニール袋 - kilekott"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の警報 - ööhäire

 エストニアの首都タリンのホテルでこの週末の土曜日の夜,午後9時過ぎから12時半の間に,浴室の湯を出しっぱなしにするなどして,3回にわたり火災警報を断続的に鳴らし続け,ホテルの宿泊客をパニックに近い状態にさせた不届きで人騒がせな旅行者夫婦 (ロシア人らしい) がいた。

 ホテル側によれば,部屋の中に湯気を充満させたり,部屋で喫煙したりして,火災警報装置をならす客は後を絶たないという。

 記事: Vene turistid korraldasid Tallinna hotellis korduva ööhäire

夜       öö
警報      häire
火災      tulekahju
土曜日     laupäev
夜中に     öösel
浴室      vannituba
湯       kuum vesi
湯気,水蒸気  aur
暖房する    kütma
目撃者,野次馬 pealtnägija
消防      tuletõrje
警備会社    turvafirma
ピーピーと鳴る üürgama
始動させる   käivitama
たばこを吸う  suitsetama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迷惑メール - rämpspost

 いろいろな会社から送られてくるいわゆるダイレクトメールのことで,エストニア語では,郵便物のことも,迷惑メールのことも同じ rämpspost と呼ぶ。もちろん,メールの方は 世界共通のスパム spämm と呼ぶほうがふつうである。

 エストニアでは,こちらが申し込まずに送られてきた宣伝メールに対して,とりわけメールアドレスを本人に無断で手に入れたことに対して,自分の個人情報が不正に取り扱われたとして,苦情を個人情報管理庁 (AKI) に申し立てることができる。しかし,AKIが行うのは,個人情報の管理に問題があると判断された迷惑メール送付業者に対し,その人の個人情報をデータベースから消去するよう注意勧告をすることだけで,その業者がそれに従った時点で,管理庁としての役割は終わる。

 管理庁によると,この種の苦情は,昨年,50件ほどあったという。管理庁は,迷惑メールを送ってきた業者に直接当たり,きちんと文書を交わして送付を止めさせるようにすること,もし業者が適切な対応をしない場合は,管理庁に苦情を申し立てて,注意勧告をしてもらうという方法が最も効果的だと言っている。何とも頼りない話だが,実際に効果があるらしいから,日本よりははるかにましな気がする。日本は,個人情報がインターネットに流れた場合でさえ,お詫びのメールがくるだけだ。

 記事: Andmekaitse jääb rämpsposti vastu hambutuks

迷惑メール     rämpspost
スパム       spämm
宣伝,コマーシャル reklaam
個人情報保護    andmekaitse
個人情報管理庁   andmekaitseinspektsioon, AKI
無力な       hambutu [=歯がない]

Rämpspost.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成功する - õnnestuma

 木曜日(22日)と金曜日(23日)と2日間にわたってエストニアの首都タリンで開かれたNATOの外相会談は,無事に終わったようです。何が話されたのかは,よくわかりませんが,エストニアの大統領や首相の笑顔を見ると,成功裏に幕を閉じたようです。

 記事: NATO tippkohtumine möödus politseile rahulikult  警察発表:NATOの首脳会議は無事に終了
 記事: Ilves: NATO sekkus Afganistani, et sealt lahkuda 大統領:NATOのアフガン介入は撤兵が目的
 記事: Ansip: USA vabaduseideaalid on olnud Eestile eeskujuks 首相:合衆国の自由の理想はエストニアの手本

Ilves ja Clinton

Ansip ja Clinton

| | コメント (0) | トラックバック (0)

作文試験 - kirjand

 土曜日(24日),エストニアでは,高校卒業試験の最後の科目,作文試験 kirjandが行われた。エストニア人にもロシア人にも必須で,受験者は1万人を超える。エストニア語系学校の高校生も,ロシア語系学校のの高校生も,次の10のテーマから1つを選んで,600~800語程度の作文を書くのが課題である。[ 記事ページ ]

続きを読む "作文試験 - kirjand"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

静まりかえる - hauavaikus

 今週,NATOの外相会議が開かれて,都心部に交通規制が敷かれているエストニアの首都タリンで,規制の適用された地区の商店は,通常営業をしているものの,客足がぱったり途絶えて,商売あがったりの状態である。

 ある洗濯・クリーニング屋では,ふだんなら,洗濯物を車に積んでやってくる客が,交通規制のためにまったくこない。あるいは,ふだんは11時に開店するはずが,入り口に張り紙をして臨時休業しているレストランもある。いつもなら,フィンランド人の観光客で賑わうはずのパブも閑古鳥が鳴いているという。

 ただ,そこはエストニア人持ち前の暢気さで,大部分の店主は,2~3日すれば客足も元に戻るさ,と鷹揚に構えて,開店しているらしい。

 記事: NATO kohtumine suretas päevadeks ümberkaudse äritegevuse 

洗濯,洗濯物,下着  pesu
洗濯屋     pesula
クリーニング  puhastus
ドライ・クリーニング  keemiline puhastus
よどむ,停滞する  seiskuma
店         äri, pood
沈黙,静寂     vaikus
墓場のような静寂  hauavaikus
傷手,打撃     põnts
順番待ちの列    järjekord
従業員,店員    teenindaja, müüja
顧客        klient
顧客,得意客   kunde
張り紙       silt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城跡 - linnamägi

 4月23日は,聖ゲオルギウスの日で,エストニア語では Jüripäev と呼ばれる。この日はエストニア人にとっては特別な日である。1343年のこの日の前夜に「聖ゲオルギウスの晩の蜂起」 Jüriöö ülestõus と,日本人には発音しにくいことこの上ない名前で呼ばれるエストニア人の最初の民族的蜂起が始まったとされているからだ。当時,エストニアの地を支配していたのはデンマーク。北エストニアで起こったこの民衆の蜂起は,やがて西エストニアからサーレマーへと広がっていっき,鎮圧されたのは 1345年の冬と言われる。

 この反乱の後,デンマーク王は,エストニアをドイツ騎士団に売却したので,エストニアの新しい支配者はドイツ騎士団に取って代わられた。エストニアの異民族支配はこの時から,1918年の独立宣言まで続いたとするのが,エストニアの歴史の教科書の定番の記述である。

 このときの反乱と直接関係がある遺跡ではなさそうだが,タリンとタルトの中間の町ヨケヴァ Jõgeva のすぐ南の小高い丘に,かつての城砦の跡 Kassinurme linnamägi がある。考古学者の調査によれば,この地には,11世紀の前半まで砦があったらしく,また,13世紀の初め頃の集落跡も発掘されている。24日には,この城跡に400人近い人々が集まって,中世の合戦の模様を再現する催しが開かれるそうである。


 記事: Jüriöö ülestõus taaselustub Jõgevamaal 聖ゲオルギウスの晩の蜂起がヨケヴァで再現される

 なお,この城跡のふもとには「底なしの谷」と呼ばれる湖がある。その水源は湖の底にあるらしいから,いわば巨大な泉で,カレヴィポエクが目を洗うときに使った「たらい」が湖になったという伝承がある。

 言い伝えによれば,1860年代に,村の女たちが,ありったけのひもを集めてつなぎ,鍋を結びつけて重りの石を乗せて湖に垂らし,この湖の深さを測ろうとした。しかし,ひもは湖の底にとどかず,諦めて引き上げたところ,鍋には石の代わりに血まみれの雄牛の首がのっていて,「二度と鍋を垂らそうなどと考えたら,お前たち全員を湖に引っ張り込むから,覚えておくがいい」と言ったので,以後は誰も湖の深さを測ろうとする者はいなくなったという。

聖ゲオルギウスの晩 Jüriöö
蜂起,反乱     ülestõus
城跡        linnamägi
城砦        linnus
武器        relv
見物人,観客    pealtvaataja
山,丘       mägi
泉         allikas
底なしの      põhjatu
谷         org
深さ        sügavus
雄牛        härg
雌牛        lehm
頭,首       pää

 クリスマス・イブもそうだが,なぜ前の晩を祝うのかというと,昔は,現在と違って,一日は日の入りとともに終わり,日が沈んだ時点で日付が変わって翌日が始まっていたかららしい。新月と同じで,いわばゼロが始まりと考えられていたことになる。現在も,一日が真夜中に始まるのはその名残だろう。一日の始まるのが,昔より数時間遅くなっただけのことにすぎない。

Jüriöö ülestõus Jõgevamaal Kassinurmes.

Jüriöö ülestõus Jõgevamaal Kassinurmes.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関心をもつ - huvi tundma

 エストニアの首都タリンで開かれているNATO外相会議に抗議して,ロシア人の政治団体「夜警団」Öine Vahtkond の男4人,女1人が,午後6時頃,エストニア劇場とヴィル・ホテルの間にあるタンムサーレ公園でピケを張った。

続きを読む "関心をもつ - huvi tundma"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘い言葉で釣る - meelitama

 ぴったりする日本語訳がない動詞。「甘い言葉で釣る」「おだててその気にさせる」「口車に乗せる」のような表現にあたる。

続きを読む "甘い言葉で釣る - meelitama"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大学 - ülikool

 エストニアでもっとも歴史のある大学で,エストニアの地がスウェーデン領だった1632年に,スウェーデン王国の大学 Academia Dorpatensis Gustaviana に遡るとされるタルト大学 Tartu Ülikool が,この秋からタルト国立大学 Tartu Rahvusülikool という名前に変わる。この rahvus は,エストニア国立図書館 Eesti Rahvusraamatukogu などと同じ意味で付けられるものだが,もともとは民族とか国民という意味で,英語の nation とその形容詞 national に相当する。この「国立」は,民族,国民国家のためのというような意味である。

 タルト大学は,ソビエト時代にも「タルト国立大学」 Tartu Riiklik Ülikool と呼ばれていた。この「国立」 riiklikはロシア語の государственный の訳で,国家,政府という意味の riik の形容詞形。英語の state に相当する語で,私立,民営と対比される「国営」に通じる意味をもつ。

 ソビエト体制の崩壊後,エストニアの高等教育機関に対して,次のような名称の変更と法律的なステータスの変更が行われた。まず,唯一の大学「タルト国立大学」から「国立」 riiklik が取られ,「タルト大学」Tartu Ülikoolが誕生する。この一方で,ソビエト時代には「大学」とは見なされていなかった「タリン教員養成専門大学」 Tallinna Pedagoogiline Instituut と「タリン工芸専門大学」Tallinna Polütehniline Instituut が「大学」に格上げされて,それぞれ「タリン教育大学」 Tallinna Pedagoogiline Ülikool, 「タリン工芸大学 」Tallinna Polütehniline Ülikool となる。その後,タリン教育大学は「タリン大学Tallinna Ülikool,タリン工科大学は Tallinna Tehnikaülikool と名前を変え,現在のエストニアには ülikool「大学」という名前の高等教育機関がいくつもある。

 ここにきて「タルト大学」だけ特別な rahvaülikool「国立大学」という名称を与えるというのは,エストニアの高等教育機関の間にあった,ある意味での平等主義を見直し,大学間に現実に存在する格差を国が改めて認めたことになると考えられる。

 記事: Tartu Ülikool nimetaks end seaduses rahvusülikooliks

Tartu Ülikool

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会見する - kohtuma

 エストニアの首都のタリンで木曜日 (4/22) から2日間開かれるNATOの外相会議に出席する,アメリカ合衆国のクリントン国務長官は,当初の予定では,エストニアの一般市民とも会うはずだったのですが,エストニア外務省によれば,外務大臣パエト Urmas Paet,イルベス大統領 Toomas Hendrik Ilves,アンシプ首相 Andrus Ansipとだけ会見するそうです。 [ 記事ページ ]

国務大臣  riigisekretär [合衆国の外務大臣]
外務大臣  välisminister
会見する  kohtuma
首相    peaminister
協力関係  koostöö

USA riigisekretär Hillary Clinton

| | コメント (0) | トラックバック (0)

密輸する - smugeldama

 エストニアのタルト地方裁判所は,2007年に違法薬物の密輸で逮捕された28歳の男A・Kを,1年以上の刑期を残したまま、保護観察付きで,仮釈放した。保護観察期間中,A・Kは父親のもとで生活し,職場もあてがわれるという。 [ 記事ページ ]

 A・Kは 2007年12月,オランダから,覚醒剤エクスタシーを錠剤と粉末合わせて646g, マリファナ約350gを車に隠してエストニア国内に持ち込み,タリンのホテルの部屋に隠し持っていたところを警察に逮捕され,懲役3年半の判決を受けて刑に服していた。

密輸する      smugeldama
密輸する人     smugeldaja
違法薬物の密輸人 narkosmugeldaja
刑務所       vangla
懲役        vangistus
刑期        vangistusaeg
裁判所       kohus
地方裁判所     maakohus
検察        prokuratuur
検察官       prokurör
保護観察      järelevalve
保護観察官     kriminaalhooldaja
仮釈放する     vabadusse lubama
有罪とする     süüdi mõistma
不法所持      ebaseaduslik omandamine ja valdamine
罰する       karistama
起訴状によれば   süüdistuse järgi
錠剤        tablett
粉末        puru
麻薬類       uimasti, narkootikum [覚醒剤を含めた違法薬物一般の意味で用いることもある]

Narkosmugeldaja pääseb ennetähtaegselt vanglast välja.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

集会 - miiting

 エストニアのタリンでNATOの外相会議が明日と明後日 (4/22-23) の2日間にわたって開催されるが,地元の反対派による示威活動のようなものはとくに行われないようである。 [ 記事ページ ] 会談には,45の国や団体の代表,総勢 500~600人が参加する。

続きを読む "集会 - miiting"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテル - Olümpia hotell

 エストニアのタリンの2つのホテルの名前が6月から変わるという。1980年のモスクワ・オリンピックに合わせて完成したオリュンピア・ホテル,現在の Reval Hotel Olümpia が Radisson Blu Olümpia に,セントラル・ホテル Reval Hotel Central が Park Inn に前を変える。レーヴァル・ホテル・グループ Reval Hotelligrupp が,ラディソン・ホテル Radisson の傘下に入るためらしい。

続きを読む "ホテル - Olümpia hotell"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキャンする - skaneerima

 エストニア語の印刷されたテクストで現存するもっとも古いものは,タリン市古文書館に保管されている1535年にドイツで出版された教義問答集とされる。この印刷テクストをはじめとして,エストニアの独立の前年の1917年までに出版されたエストニア語の印刷物や手稿類をスキャナーで読み込んで電子化し,ネット経由で誰でも閲覧できるようにするプロジェクトが,タルトにあるエストニア文学博物館で計画されている。

 記事: Kirjandusmuuseum hakkab raamatuid digitaliseerima 文学博物館が書籍の電子化にとりかかる

 EUの資金的援助で行われるこのプロジェクトに参加するのは,タルト大学,国立図書館,文書のデジタル化と保存を専門とする民間会社である。電子化が予定されているエストニア語のテクストは,画像の枚数で数えて 24万ページという。エストニア語の古い書物については,全国の図書館が共同で編集している「エストニア語出版物レッドブック」という目録がある。この目録に登録された出版物の中には,エストニア中で1部しか見つかっていない本もある。

 «Eesti trükise Punane Raamat 1535-1850»  (2005年出版)
 «Eesti trükise Punane Raamat 1851-1917»  (2010年完結見込み)

 古いエストニア語のテクストはデジタル化されたあと,電子化書籍のレポジトリに納められ,インターネットで閲覧できるように,ウェブのインターフェースが用意されることになっている。

文学博物館     kirjandusmuuseum
図書館       raamatukogu
文書館,古文書館  arhiiv
珍しい,稀観の   haruldane
本,書籍      raamat
手稿        käsikiri
電子化する     digitaliseerima
ウェブ       veeb
電子的な      elektrooniline
アクセス可能な   ligipääsetav
ページ       lehekülg
文書館の資料    arhiivimaterjal
スキャンする    skaneerima
印刷物,出版物   trükis
入手可能な     kättesaadav
オンライン図書目録 elektronkataloog
保存する,保管する säilitama
利用者       kasutaja
利用者用インターフェース kasutajaliides
レポジトリ     repositoorium
ソフトウェア    tarkvara

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開催される- toimuma

 エストニアの首都タリンで今週の木曜日から開催される予定のNATOの外相会談について,開催を延期するか否かの決定を月曜日にしなければならないのではないか,という質問に答えたパエト外相 Urmas Paet は,2~3日延期する可能性も考慮しているが,延期するかどうかの決定はまだ行わず,水曜日まで様子を見ると述べたという。 [ 記事ページ ]

開催される  toimuma
否定する   ümberlükkama
主張     väite
外務大臣   välisminister
首脳会談   tippkohtumine
延期される  edasi lükkuma
参加者    osaleja
代表     esindaja

NATO lipp.  NATO の旗
NATO lipp.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産の - kodumaine

 エストニアで行われた市場調査によると,消費者の70%が国産の商品を選ぶことがわかった。国産・外国産のどちらでもいいとする消費者は28%,外国産を選ぶと答えたエストニア人は2%だった。消費者によれば,エストニア国内で,国産の原料で作られた商品が国産である。 [ 記事ページ ]

 回答者の9割が,国産かどうか見分けるのは実際には難しいと考えている。いちばんの理由は,包装パッケージには,小さな字で何か書いてはあるが,原産国についての情報が読み取れないとこが多いためである。国産品を高く評価する理由は,新鮮さ,健康的なこと,信頼性であるとされる。

国産の     kodumaine
外国産の    välismaine
買い手     ostja
消費者     tarbija
商品      kaup
食品      toidukaup
無関心な    ükskõik
地元の     kohalik
原料      tooraine
原産地     päritolu
原産国     päritolumaa
生産者     tootja
包装      pakend
新鮮な     värske
健康的な    tervislik
信頼できる   usaldusväärne
味       maitse
選択の自由   valikuvõimalus
農業      põllumajandus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車 - jalgratas

 エストニアの首都タリン市では,夏期の間,2人の職員が救急箱をもって自転車で巡回するサービスを行う計画である。

続きを読む "自転車 - jalgratas"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

監視 - valve

 今週,エストニアの首都タリンではNATOの外相会談が開かれるため,エストニア全体が特別警戒態勢に入っています。

続きを読む "監視 - valve"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煙 - suits

 フィンランドなどの北欧諸国と同じく,エストニアでもレストランやバーは禁煙である。参考までに,日本の「分煙」は茶番で,仕切りがないから煙は非喫煙席にまで流れていくし,喫煙席の区画を通らないとトイレに行けない構造になっている店も多いから,事実上全空間が喫煙席であるのと変わりない。

 タルトに,会員制の喫煙者専用のバーができたらしい。ドアをガラスにして,部屋全体を喫煙空間にしている。このバーに入るためには,タルト煙草依存者協会 Tartu tubakasõltlaste selts の会員になる必要があるが,簡単な申込書を書けば,その場で会員証が発行される。法律では,結婚式などの出席者が限定されているパーティー会場なら,喫煙が許され,食事や飲み物を注文できるということを逆手にとって,このバーでは,タルト煙草依存者協会の集まりが常時開かれていることになっているのだという。ただし,この場合,飲み物はこの店のものではなくて,他の業者からのケータリングということにしてあるらしい。2月の開店以来,喫煙者の間での人気は上々で,すでに発行された会員証は1000通を超えていると店の責任者は言っている。

 タリンでは,観光客なら誰でも知っているヴィル門 Viru värav の脇にあるバーが,毎週土曜日,貸し切りの会員制のパーティー会場になっている。常連が20~30人いて,土曜日は一日中この店に入り浸っているという。ただし,ここでは食事は注文できない。

 2008年の統計によると,煙草を毎日吸うエストニア人は,全人口の 25パーセント,男女別では,男性39%,女性17%である。

 記事: Suitsetajad käivad koos kinnistes baarides

 エストニアの喫煙者たちも,公共の場にある,ガラスで仕切られ,外に煙が出ないようになっている空間で,回りから観察されながら煙草を吸うのは恥ずかしいらしく,思いっきり吸いたいと思っているようだ。そこで提案だが,日本の高校でも,ガラス張りの空間を作って,煙草を吸いたい生徒には思いっきり吸わせてみてはどうか。ただし,吸わない生徒たちが,ガラスの外から,動物園の檻の中の動物を眺めるように観察できるようにする。そうすれば,喫煙する生徒たちは恥ずかしさにいたたまれなくなり,二度と喫煙空間に入ろうとはしなくなるに違いない。もちろん職員室にも同じ空間を作ることになる。多少設備費がかかるが,学校全体を健康的な場所にできて,教育効果があがるから生徒の親からも支持されるのは間違いないと思われる。

喫煙する     suitsetama
喫煙者      suitsetaja
喫煙       suitsetamine
非喫煙者     mittesuitsetaja
禁止する     keelama
バー       baar
入室する     sisse pääsema
ガラス製のドア  klaasuks
店員       teenindaja
客        külastaja
会員証      liikmekaart
申込書      ankeet
たばこ依存者   tubakasõltlane
会,協会     selts
飲食業      toitlustus
催し       üritus
結構式      pulmad
客,顧客     klient
固定客,常連客  püsiklient
食事を提供する  süüa pakuma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳製品 - piimatoode

 エストニアの食料品のロシアに向けた輸出が,ルーブルの交換レートの引き下げにもかかわらず,このところ順調である。特に活気のあるのが,乳製品の輸出で,昨年の売り上げは7000万クローン (5億6000万円),一昨年比で,およそ4分の1の増加である。ロシア向けに輸出される乳製品の3分の2はチーズで,ついで,ヨーグルト,サワークリーム,凝乳 (カード)など,最近はケフィアも輸出される。

続きを読む "乳製品 - piimatoode"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

無賃乗車 - jänes

 エストニア語では,公共交通機関 (バス,市電,トロリーバス) で無賃乗車をする人のことをウサギ jänes と呼ぶ。無賃乗車をする乗客が,タリンではこのところ減少しているという。その原因はというと,市民がにわかに正直者になったわけではなくて,どうやら,バスや市電の運行本数が減らされたためという単純な事情によるものらしい。

続きを読む "無賃乗車 - jänes"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア外務省公報 最新号 (2010/04/09-04/15)

エストニア外務省発行のエストニア情報誌 Estonian Review 2010年14号 (2010/04/09-04/15) が出ました。

Estonian Review 14/2010 (2010/09/01-04/15)
Estonian Review 13/2010 (2010/04/01-04/08)
Estonian Review 12/2010 (2010/03/19-03/25)
Estonian Review 11/2010 (2010/03/12-03/18)
Estonian Review 10/2010 (2010/03/05-03/11)
Estonian Review 09/2010 (2010/02/26-03/04)
Estonian Review 08/2010 (2010/02/18-02/25)
Estonian Review 07/2010 (2010/02/10-02/17)
Estonian Review 06/2010 (2010/02/03-02/09)
Estonian Review 05/2010 (2010/01/27-02/02)
Estonian Review 04/2010 (2010/01/20-01/26)
Estonian Review 03/2010 (2010/01/13-01/19)
Estonian Review 02/2010 (2010/01/06-01/12)
Estonian Review 01/2010 (2009/12/18-2010/01/05)

Estonian Review 24-44/2009

バックナンバーはここにあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違反する - rikkuma

 エストニアでは,自動速度違反取締装置 (スピードの監視カメラ) によってスピード違反と認識された自動車の所有者に対して,例外なくスピード違反の罰金を課す制度を5月から導入する。この制度では,たとえ緊急自動車や大統領の専用車であろうとも,例外なしに,車両の所有者に交通違反告知書が送付される。違反告知書を受け取った緊急自動車の所有者は,スピード違反で走行したと認識された自動車について,違反告知書に同封されて届く専用の書式を使って,その時の制限速度違反が合法的であったことを証明する書類を添えて異議申し立てをすれば罰金を免除される。

 監視カメラの写真は,警察署のふたりの係官が別々に車のナンバーを肉眼で識別し,もし,ふたりの識別した数字が食い違う場合には,3人目の係官によってナンバーが特定できるかどうかの最終判断が行われる。

 このシステムは,2月15日から,タリン・タルト間の国道で試行されており,救急車などにすでに,違反通知書が送られているという。ただし,試行期間中は,反則金は科せられていない。罰金の金額は,制限速度を超過した1キロメートルにつき50クローン (400円) という。国道沿いの自治体の病院の主任医師は,1日の何通も違反告知書が送られてきているが,実際に罰金を支払って,異議申し立てをするということになれば,病院の事務が増える,と語る。

スピード違反     kiirusületamine
自動速度違反取締装置 kiiruskaamera
速度         kiirus
カメラ        kaamera
設置する       paigaldama
罰金,反則金     trahv
反則金告知書     trahviteatis
疾走する       kihutama
緊急自動車      operatiivsõiduk [特殊用途自動車]
救急車        kiirabiauto
パトカー       politseiauto
消防自動車      tuletõrjeauto
病院         haigla
警察         politsei
消防         tuletõrje
警察官        politseinik
合法性        seaduslikkus
違反告知,注意    hoiatus
一様に        ühtmoodi
違反する,破る    rikkuma
特定する,識別する  tuvastama
発覚する、見つかる  vahele jääma
異議を申し立てる   vaidlustama
証明する,証拠立てる tõendama
制限速度       lubatud sõidukiirus
文書による通知    kirjalik teavitus
郵送する       postitama
運転手,運転者    autojuht
写真         foto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日光浴 - päevitama

 東京で日本人が寒さに震えているというのに,エストニアのパルヌでは,海岸に100人も人々が出て日光浴をしたそうです。

 記事: Pärnu rannas ujutakse ja päevitatakse! パルヌの海岸では水泳と日光浴

 この見出しをみて、ビキニの女性の写真をあなたは期待しませんでしたか。私は期待しました。

日光浴する   päevitama
岸       rand
寒い,冷たい  külm
泳ぐ      ujuma
海水      merevesi
暖かさ,温度  soojus

Päevitaja Pärnu rannas 15. aprillil

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ箱 - prügikast

 2月に札幌国際スキーマラソンに参加し,日本で一躍有名になったエストニアのアンシプ首相 Andrus Ansip が,国会で「電子処方箋システムは始動に失敗した。国の資源の有効な使い方ではなかったというそしりを受けてもやむをえない」と答弁したという。

 「アイデアとしては申し分なかったが,その実現のしかたがお粗末だった。しばらくは,紙の処方箋と併用と言う形形で行くが,優れたアイデアをゴミ箱に捨てるのはもったいない」というのが首相の評価のようだ。

 記事: Ansip: digiretseptis tuli pettuda  アンシプ首相:電子処方箋には期待はずれだった
 記事: Ministeerium: digiretseptisüsteem on sügiseks töökindel 社会保健省:電子処方箋システムは秋までに復旧・改善する

 エストニア語の川柳 (?) をひとつ:

 Digiretsept: pigem pikk üleminekuaeg kui vigane süsteem
 電子処方箋: 長い移行期間のほうが,欠陥だらけのシステムよりまし

期待はずれと思う   pettuma
石ころ,岩       kivi
切り株         känd
始動する        käivituma
罰,処分        karistus
おそまつな       kesine, vilets, kehv
レベル,水準      tase
ソフトウェア      tarkvara
併用する        paralleelselt kasutama
評価          hinnang
投げる,捨てる     viskama
ゴミ箱         prügikast
入力する       toksima

Sünnivaludest üle saanud digiretsept põeb lastehaigusi.
電子処方箋,産みの苦しみを乗り切ったと思ったら今度は小児病
Karikatuur 2010-04-14
コンピュータがおかしい。ウイルスかなあ。 - もしウイルスなら治療が必要だ。君,電子処方箋を入力してくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気に入る - meeldima

 この人は文章のセンスがいいな,と感動することがときどきあります。エストニア語のブログで,文章がとてもきれいで気に入ったページを見つけました。

 エストニア人のブログ: Heleni aed ヘレンの庭
 参考: Lumi vs pardid vaarikate vahel 庭の雪か,それとも,キイチゴの木の間を泳ぐアヒルか

続きを読む "気に入る - meeldima"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無料で (2) - tasuta

 エストニアの本土と島嶼部,すなわちサーレマーとヒーウマーを結ぶフェリーの旅客運賃を無料にする法案が,エストニアの国会で審議されているという。可決されれば,来年1月から施行される。

続きを読む "無料で (2) - tasuta"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

延期する - edasi lükkama

 今年1月から導入されたエストニアの電子処方箋システムだが,トラブルが相次ぎ,当初予定されていた3月からの完全移行が2ヶ月延期され5月からになったのもつかの間,結局,システム停止にはならなかったが,完全移行は断念され,当面は紙の処方箋を並行して使用することに決まった。システム導入から3ヶ月半の間に起こった深刻なシステムの停止は8回,つまり,システムは2週間に1度の頻度で止まっていたことになる。

 記事: Ministeerium: digiretseptisüsteem on sügiseks töökindel 社会保健省: 電子処方箋システムは秋までに完全回復する

 なお,今回,電子処方箋システムの使用停止という決定が行われなかった最大の理由は,すでに大量の処方箋データがシステム上にあり,そのデータがないと市民が薬を受け取れなくなってしまうため,システムを使用停止には出来ないということらしい。社会保健省はかろうじて面子を保ったものの,事実上,計画見直し,再出発に限りなく近いのは誰の目にも明らかだ。

 エストニアTVのニュース番組に出演した社会保健省の担当者は,電子処方箋の導入では,医者,薬局,市民のだれも恩恵を受けておらず,市民生活を面倒にしただけではないのかという質問に対し,数字をあげて防戦に徹していたが,最大の誤算は,システムの利用が,時間帯的に分散しないで,午前10時から午後1時に集中することを予測できなかったこと,また,利用が集中したときにも耐えられるような処理能力がシステムになかったこと,この2点に尽きるようだ。

 電子処方箋システムは,いつからフルパワーで機能するようになるのか,というニュースキャスターの質問に対する社会保健省の担当者の答えは,秋までには何とかなるはず,というものだった。

 参考:
 停止する - peatama (2010/04/13)  薬局 - apteek (2010/03/16)
 システムの障害 - tõrge (2010/03/09)  電子処方箋 - digiretsept (2010/02/19)

決める          otsustama
延期する         edasi lükkama
電子処方箋        digiretsept
電子処方箋システム    digiretseptisüsteem
閉める,停止させる    kinni panema
負荷に耐える       vastu pidama
負荷           koormus
E健康課         e-tervise osakond [社会保健省の部門]
ディスク容量       kettamaht

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自伝 - elulugu

 エストニアの知識人と呼ぶにふさわしいマリユ・ラウリスティン Marju Lauristin (1940年生) が古稀の自伝+著作集「赤と青」 Punane ja sinine を出した。彼女の肩書きは,社会科学者 sotsiaalteadlane, 教授 professor, 政治家 poliitik と記事ではなっている。

続きを読む "自伝 - elulugu"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

個人情報の保護 - andmekaitse

 エストニアの携帯電話会社 EMT (Eesti Mobiiltelefon) が料金を滞納した顧客の個人情報を公表した事件で,会社側が,タリンの高等裁判所でも敗訴した。

続きを読む "個人情報の保護 - andmekaitse"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

停止する - peatama

 来月から完全移行するはずだった,エストニアの電子処方箋だが,ここにきて暗雲が立ちこめている。今日 (4/12) も1時間システムが停止したエストニアの電子処方箋システム。明日,社会保健省で医師と薬剤師の代表の会議が開かれる。議題は,電子処方箋への移行期間を延長するか,それとも,電子処方箋システムを一時停止するかの選択である。

続きを読む "停止する - peatama "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームレス - kodutu

 現代の都市なら必ず目に付くのがホームレスの人たちだが,エストニアの首都タリンも例外ではない。路上生活者は,バス停の屋根の中や,その近くにたむろしていることが多い。彼らは,酔っぱらって騒ぐ若者たちとは違い,市民にとって決して怖い存在ではないのだが,薄汚れて,悪臭を放つ衣服を身につけているので,とくにバスや市電に乗ってきた場合,歓迎されない不快な存在と受けとめられる。

続きを読む "ホームレス - kodutu"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼の日 - leinapäev

 エストニア政府は日曜日に開いた臨時閣議で,今日 (4/12) をポーランドの飛行機事故犠牲者の追悼の日と決め,ポーランド大統領一行を見舞った惨事の犠牲者を悼み,大統領府,国会,防衛省,エストニア銀行,外務省などの建物に弔旗を掲げる。

続きを読む "追悼の日 - leinapäev"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムシがわく - ussitama

 エストニアのタリン・デパート Tallinna Kaubamaja で販売されたチョコレート菓子にムシがわいていた。この菓子をギリシアから輸入した業者は,ただちにメーカーに連絡し,原因調査をさせる一方で,この製品を回収すると発表した。

 記事: Ussitanud küpsiste maaletooja lubab toote turult ära korjata ムシ入り菓子の輸入業者は製品の回収を約束

 エストニアの消費者保護局 Tarbijakaitseamet によると,これまでにも食品から,爪,ガラス片,針金片などが見付かったことがあるという。消費者は,輸入業者と生産業者に対し,商品の代金の弁償,または,同じ商品の欠陥のない別の品物との交換を求める権利がある。

 余談だが,私は,東京の食堂で,ゴキブリ入りの野菜炒め,針金のたわし入りの蕎麦を出された思い出がある。商品の代金の返還を受けたら,二度と利用しないのがいちばん賢明な対応だろう。

ムシがわく    ussitama
ミミズ      uss
小さなムシ    ussike
輸入業者     maaletooja
生産者      tootja
集める,回収する ära korjama
デパート     kaubamaja
チョコレート   šokolaad
(固い) 菓子    küpsis
包装,包み    karp
食べる      sööma
ご意見電話    vihjetelefon
取り替える    asendama

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴミ - prügi

 エストニアのゴミ回収業者が,庭のゴミ,建築廃材,粗大ゴミを生活ゴミと一緒に出さないよう注意を喚起している。生活ゴミ以外のゴミは,庭の落ち葉をビニール袋に入れて,ゴミ回収用のゴミ箱の脇に置いてあるような場合を含め,業者には回収の義務がないことを強調し,特別なゴミの回収にはコンテナーを呼ぶようにと呼びかけている。

続きを読む "ゴミ - prügi"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアのアニメ - multifilm

 東京でエストニアのアニメ映画が見られるそうです。

続きを読む "エストニアのアニメ - multifilm"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

センター - keskus

 エストニアに住むロマ人は 750 ~ 1500 人と言われるが,北エストニア・ロマ人連合が,エストニアにロマ人のためのサポート・センターを設立するよう求めている。ロマ人たちが求めているのは,子どもたちにロマ人の文化を確実に伝えるようにできることと,子どもたちのための就学前の準備的な教育である。ロマ人たちは,固定観念や先入観によって,エストニア社会から疎外され,労働市場でも差別されていると感じている。

 欧州委員会の調査では,「友人・知人のなかにロマ人がいる」と答えたエストニア人は12%,EU諸国の平均では17%。ロマ人の子どもの教育の現状に関して,エストニアは,欧州委員会から批判を受けている。

 記事: Romad soovivad endale Eestis tugikeskusi  エストニアにサポート・センター設立を求めるロマ人
 参考: 非難する - ette heitma

ロマ人      roma [いわゆる,ジプシー;ロマ人の自称として公式文書で使われる]
ロマ人      mustlane [髪が黒いのでこう呼ばれる。伝統的な呼び名]
ロマニ語      romani keel [ロマ人の言語]
指導者,リーダー juht
サポート     tugi
センター     keskus
退ける      tõrjuma
先入観      eelarvamus
失業状態     töötus
就学前の     koolieelne
就学義務     koolikohustus
先例,モデル   eeskuju
教育       haridus
就業       tööhõive

romad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

設立する - rajama

 世界的に有名なエストニア人の作曲家 helilooja Arvo Pärt は,日本ではドイツ語読みした「アルヴォ・ペルト」として知られているが,エストニア語の発音に基づくなら「パルト」と書いた方がいいので,このブログでは「パルト」で統一する。

 作曲家アルヴォ・パルトの創作活動に関わる様々な資料を集めた「国際アルヴォ・パルト・センター」の設立に向けて,エストニア政府が動いている。大部分の資料は,すでにドイツからエストニアに運ばれて来ているという。

 記事: Valitsus arutas Arvo Pärdi keskuse loomist  政府がアルヴォ・パルト・センター設立に取りかかる

【解説】
 ウムラウト文字の ä は,ドイツ語では,日本人にはエと聞こえる母音を表すので,エで表記する習慣がある (例: Gelände ゲレンデ) が,エストニア語では,日本語ではアで表記する習慣のある handbag の母音 [æ] に近い母音を表す。

 参考までに,西エストニアのリゾート都市 Pärnu も「パルヌ」とカナ書きするのが適当で,ときどき見かける「ピャルヌ」は,ロシア語表記の Пярну に基づくカナ表記なので論外。どうしても「ピャルヌ」にこだわる人は,きっと音楽家を「ピャルト」と呼んでいいるに違いない。

Arvo Pärt

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パン - leib

 エストニア出身の把瑠都の大関昇進が決まったことを伝えた読売新聞の英語版 Daily Yomiuri Online の記事を,エストニアの新聞 Postimees がほぼそのまま伝えています。父親が亡くなった後,3人兄弟が母親の手で育てられたことなど,いずれ,把瑠都が横綱になったら小説になるかもしれないエピソードがいくつか書いてあります。興味のある方は,ぜひ記事をお読み下さい。

続きを読む "パン - leib"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気 - haigus

 エストニア人の死亡原因でもっとも多いのは,心臓血管系の病気で,ついで悪性腫瘍,事故,毒物中毒であるという統計が公表された。2008年にエストニアで死亡した人は 16,675 人。

 記事: Kõige enam surevad eestlased südamehaigustesse ning vähki  エストニア人の死因で最も多いのは心臓疾患とガン

 統計的には,心臓血管系の病気で死ぬ割合は女性の方が高いが,一方で,男の場合,比較的若い年齢で心臓疾患で死ぬ割合が高いという。

 心臓疾患による死亡がやや減少しているのに対し,悪性の腫瘍が原因の死亡はやや増えているという。

 交通事故や凍死などの事故による死亡は近年著しく減っている。これは,安全運転をする人が増えてきたり,道路に寝ている酔っ払いに見て見ぬふりをする風潮がなくなってきたという,社会の変化によるものと考えられる。ただし,水難事故による水死は減っていない。これは,役所の管轄が曖昧で,効果的な対応ができていないためと考えられる。

 男女別に見ると,男性にとくに多い死因は,殺人の被害者と自殺で,アルコールによ死亡も男性に圧倒的に多い。これに対して,女性の死因で最も多いのは,心臓疾患である。また,男性が肺ガンや肺炎で死亡することが多いのに対し,女性は糖尿病による死亡が比較的多い。

 一歳未満の幼児の死亡は男児が多いが,これは,医学的に見ると,男の方が女より「か弱い」生き物であるためであると,医者は説明している。

心臓    süda
血液    veri
血管    veresoon
心臓血管系 südame-veresoonkond
心臓疾患  südamehaigus
腫瘍    kasvaja
悪性の   pahaloomuline
ガン    vähk,vähktõbi
患者    patsient
遺伝性の  pärilik
体質    soodumus
老化    vananemine
事故    õnnetus
毒物中毒  mürgistus
凍死    surnukskülmumine
溺死    uppumine
殺人    tapmine
自殺    enesetapp
自殺者   enesetapja
肺ガン   kopsuvähk
肺炎    kopsupõletik
糖尿病   suhkruhaigus

| | コメント (0) | トラックバック (0)

芸術家 - kunstnik

 エストニアの首都タリンの旧市街 vanalinn が「世界歴史遺産」に指定されたこと自体は喜ばしいことだが,その結果,外国人の観光客が大量に押し寄せるようになり,その観光客を目当てにした,土産物店や露天商が軒を並べるようになっている。その土産物店や露天商が売っている土産物の主体は,マトリョーシカ,琥珀細工,レプリカの風景画といった,エストニアで作られているかどうか,きわめて怪しいものばかりである。こういったものでエストニアの旧市街が世界に知られるのは好ましくない,と考えるタリンの芸術家たちが,こういった土産物とは無縁の場所を旧市街の一角に確保してほしいとタリン市に申し入れた。

記事: Kunstnikud võitlevad vabaõhugalerii eest Pikas jalas  芸術家たちが Pikk jalg を屋外ギャラリーにと申し入れ

 タリンの旧市街,市庁舎広場の北側の建物の裏を通っているのが,かつてのタリンの目抜き通り Pikk tänav 「長通り」である。この通りは,港に一番近い旧市街への入り口で,かつてのタリンの正面玄関だった「太ったマルガレータ」砲台 Paksu Margareeta のある海岸大門 Rannavärav から,トーンペア丘 Toompea の入り口まで続き,名前の通りの非常に長い通りである。長通りが終わるところを起点として,トーンペア宮 Toompea loss, 現在の国会議事堂の方へと通じている坂道を Pikk jalg 「長い足」と呼んでいる。ちなみに,ハリユ通り Harju tänav からニクリステ教会 Niguliste kirik の脇を抜けたところにある,もう一つの坂道からもトーンペア丘の方に上がって行けるが,この坂道は Lühike jalg 「短い足」と呼ぶ。

 長足坂をエストニアの芸術家たちのための屋外ギャラリーにするというアイデア自体には,市の関係者の間でもこれといった反対意見はないのだが,制度的には問題がないとはいえないらしい。そこで,市の方では,エストニア芸術家協会が長足坂一帯を優先利用していいという契約を市と結んだ上で,協会が芸術家たちに対して,個別の使用許可を与えてはどうかという提案をしている。ただし,その場合は,芸術家協会のメンバーでない人も申し込みができるようにすべきだと市側は考えているという。

 もしこの計画が実現した場合でも,その屋外ギャラリーに実際に出かけて作品を展示するのは,名前の売れた芸術家ではなくて,これから売り出そうとする新人たちだろうから,パリのモンマルトルの丘のような雰囲気の場所になるだろうと見る関係者もいるが,それでも,現在の状態よりははるかにましである。

 ただし,タリン市では 1990年代に,多数の土産物業者との間で60年間の賃貸契約を締結したため,安物の土産物を売る店が旧市街から次第に撤退してくれると期待するのは楽観的すぎるようである。

芸術家     kunstnik
手工芸職人   käsitööline
キッチュ    kitš (粗悪な安物芸術)
琥珀      merevaik
商売する    kauplema
旧市街     vanalinn
野外ギャラリー vabaõhugalerii
青空芸術家   tänavakunstnik
土産物店    suveniiripood

Kunstnikud leiavad, et Pikk jalg peaks jääma matrjoškadest ja merevaigust vabaks.
長足坂はマトリョーシカと琥珀に無縁の通りにすべきだ,と芸術家たちは主張する
Pikk jalg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一緒になる - liituma

 ナルヴァ川を挟んで,エストニアのナルヴァ市の対岸にあるロシアのイワンゴロドの住民 650 人が署名した嘆願書が,4月2日付けで,ロシアのメドベージェフ大統領とエストニアのイルベス大統領に送られたという。

 記事: Ivangorodi volinik kogus allkirju Eestiga liitumiseks  イワンゴロドの代表者が,エストニアへの併合を求める署名活動

 嘆願書の内容は,イワンゴロドをエストニアに併合してほしい,というものだというから,にわかには信じがたいが,4月1日はとうに過ぎているので,簡単には笑い飛ばせない話である。記事によれば,住民たちの側に,イワンゴロドの実情を州の為政者たちがまったく無視していることに対する不満がある。たとえば,水道による温水の供給が,年間に 7.3 カ月しか行われないのは予算がないからではなく,国からの補助金を為政者たちが自分たちの懐に入れているためだというような訴えが述べられているという。

 署名運動のリーダーは,エストニアへの併合について住民投票をしてもいい,といいながらも,実際にイワンゴロドがエストニアに併合されるなどあり得ないことはよく知っている,その上であえてこういう嘆願をしたのだ,と落ち着いて語っているとのことである。

ナルヴァ川の東岸のイワンゴロド Ивангород 「イワンの町」は,1930年代まではエストニア領でナルヴァしに属し,エストニア語で同じ意味の Jaanilinn ヤーニリンと呼ばれていた。なお,東隣のキンキセプ Кингисепп は,かつてドイツ語で Jamburg と呼ばれていた。現在の名前は,エストニア人のボルシェヴィキ党員 Viktor Kingisepp にちなんで改名されたようである。第二次大戦中は,キンキセプの飛行場から飛び立った爆撃機が,タリンの空爆をしたそうである。

ナルヴァの側から対岸のイワンゴロドを望む
Ilves kohtus Obamaga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

首脳会談 - kohtumine

 エストニアのイルベス大統領は,昨晩 (8日) プラハで,アメリカ合衆国のオバマ大統領と2時間会談したそうです。

 オバマ大統領は,ロシアのメドベージェフ大統領と会って,新・戦略兵器削減条約(新START)に署名するために,プラハまで出かけたようです。

 記事: Ilves kohtus Obamaga  イルベス大統領,オバマ大統領と会談
 参考: 米ロ、新核軍縮条約に署名 オバマ氏「長い旅の一歩」

安全保障    julgeolek
冷戦      külm sõda
大統領府    presidendi kantselei
信頼性     usaldusväärsus
署名する    alla kirjutama
核武装     tuumarelvastus
合意,取り決め kokkulepe
条約      leping

Ilves kohtus Obamaga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

接続 - ühendus

 リガ湾 (エストニア語ではリボニア湾 Liivi laht) に浮かぶエストニアの島ルフヌ Ruhnu では,雪解けとともに,島の空港の滑走路が水に浸かり,パルヌ Pärnu との間の飛行機の発着できない状態が先月の21日から続いている。島の外との連絡は,サーレマー Saaremaa のクレサーレ Kuressaare との間のフェリーの定期便と,本土との間を飛んでいた国境警備隊のヘリコプターだけになっていたが,そのヘリコプターが故障して週明けまで修理ができない状態になってしまったという。

記事: Ruhnu jäi ka kopteriühenduseta  ヘリコプターの便もなくなったルフヌ島

 ルフヌ島は,行政区画ではサーレマー県に属しているが,地図で見るとわかるように,距離では,むしろラトビアの方に近いところにある。

連絡,接続  ühendus
滑走路    lennurada
飛行機    lennuk
着陸する   maanduma
フライト    lend
故障     rike
村長     vallavanem
ヘリコプター heikopter
国境警備   piirivalve
路線飛行機  liinilennuk
飛行機による連絡 lennukiühendus


パルヌとルフヌ島の間の定期便の飛行機

lennuk

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国境の橋 - sild

 エストニアのナルヴァ Narva とロシアのイワンゴロド を結ぶナルヴァ川にかかった国境の橋,その名も Sõprus - Дружба友好の橋」の大修理が5月に始まるという。修理が終わるのは,今年の暮れの予定。新聞 Postimees のロシア語版のサイトが詳しく報じている。

記事: Ремонт моста «Дружба» начнется в мае  友好の橋の修理工事は5月から

 エストニアの道路局 maanteeamet は,修理工事は,橋の進行方向を片側ずつ交代で通行止めにする形で進められるが,橋の通行にはとくに問題は生じないとする。その根拠としては,現在,国境通過に時間がかかっているのは,橋のせいではなく,税関などの国境通過事務や,国境を接した両国の自治体の間での協力関係のありかたに原因があるためだとしている。

橋      sild
修理,修繕  remont
交互に    vaheldumisi
進行方向   sõidusuunad
国境通過地点 piiripunkt
国境通過   piiriületus
税関     toll

Narva sild

| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪 - kuritegu

 大相撲の把瑠都の活躍で,日本では一躍知名度が高まっているエストニアだが,あまり嬉しくない側面もある。

続きを読む "犯罪 - kuritegu"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

稼ぐ - teenima

 エストニアのイルベス大統領の月給は65万円くらいだろうという話を先日したが,基本的に間違ってはいなかったことがわかった。新聞社の報道によれば,大統領の昨年の年収は次の通り。 [ 記事ページ ]

給与:    989,454 EEK (一昨年比 ▼12414 EEK) [792万円]
特別手当: 197,892 EEK (一昨年比 ▼ 2482 EEK) [158万円]

 総額は,ほぼ 119万クローン,日本円に直すとおよそ 950万円である。大統領特別手当を除いた給与の部分だけを12で割ると,月給は約 66万円。毎月の特別手当は 13万円である。

 大統領夫人のエベリンさんに昨年支払われた特別手当は 296,838 EEK (▼ 3722 EEK),日本円に直すと約237万円,月額にしてほぼ20万円

 ただし,大統領の「住宅手当」はこれとは別らしい。昨年の住居費の実費総額は 842,415 EEK (△ 180,000 EEK),約674万円だったというから,かなりの額である。

参考: 年収 - aastapalk (2010/3/30)
参考: エストニア大統領の月給はいくらか (2010/1/22)
参考: 大統領夫人の毛皮のおしゃれ (2010/1/22)

語彙
 teenima    (収入として) 得る,稼ぐ
 ametipalk   職務に対する報酬
 esindustasu  特別手当
 mullu     昨年
 tunamullu   一昨年
 abikaasa    配偶者
 summa     合計金額,総額
 riigikogu   (エストニアの) 国会

President Toomas Hendrik Ilves

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二大政党 - erakond

 政党は,エストニア語で erakond または partei と呼ぶ。エストニアで3月の前半に行われた世論調査 (1000人,15~74歳) の結果,次のような政党支持率が明らかになった。

続きを読む "二大政党 - erakond"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネコヤナギ - pajuurb, pajukass

 エストニアの新聞 Postimees に寄せられた読者の家の復活祭の色づけ卵 pühademunad の写真です。私の好みで,ネコヤナギ pajuurb (paju 柳の+ urb 房), pajukass (paju 柳の+ kass 猫) の枝が添えられた生け花風の作品と,赤や黄色が多い中ではきわめて渋いいぶし銀の卵の写真を選んでみました。 [ 記事ページ ]

 ネコヤナギが四月の花であるところに,日本とエストニアの気候の違いを感じます。

Pühademunad

Pühademunad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌う革命 - laulev revolutsioon

 「歌う革命laulev revolutsioon ということばは,エストニアにおけるソビエト体制の終焉の始まりを象徴的に表すできごとが,1988年9月にタリンで開催された合唱祭 laulupidu であったことに由来する。その日,会場の合唱祭広場 Lauluväljak に 30万人が集まったと言われている。

続きを読む "歌う革命 - laulev revolutsioon"

| | コメント (1) | トラックバック (1)

サクラ - kirsipuu

 エストニアの新聞 Postimees のサイトが,この週末,東京では桜が満開と写真入りで伝えてます。公園内の橋を歩くとカモメが飛んでいるというのだが,東京のどこの公園でしょうか。浅草近辺の荒川沿いかな。

Fotouudis: kirsipuud Jaapanis on täies õies 写真ニュース:日本では桜が満開

語彙
 kirsipuu    桜の木
 täies õies   満開で
 õitsema     花開く
 õis       花 (葉,蕾に対して)
 kajakas     カモメ
 park      公演
 sild      橋

Õitsevad kirsipuud Jaapanis 満開の日本の桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金色の兵士像 - kuldsõdur

 エストニアの首都タリンの国立図書館の向かいの公園から,なにかと物議を醸したロシア兵士の銅像 Pronkssõdur (愛称 Aljoša アリョーシャ) が軍人墓地に引っ越してからほぼ3年だが,今度は,金色のレプリカになって再び注目を浴びている。

続きを読む "金色の兵士像 - kuldsõdur"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画音楽 - filmimuusika

 エストニアのタルト市のヴァネムイネ劇場 Vanemuine で,(ソビエト時代の) ロシア映画の音楽の懐メロコンサートが開催された。懐かしい歌の合間には,映画の場面がスクリーンに上映され,観客は昔を懐かしんだという。主催者は,このコンサートを企画した動機を「エストニア人の多くが聞いて育った音楽だから」と説明している。ソビエト時代,エストニアの映画にはさして見るものはなかったし,劇場でハリウッド映画が上映されることなどまずなかったから,1970年~80年代のエストニア人にとっては,ロシア映画は独特の世界だった。 [ 記事ページ ]

 エストニアTVのニュース番組の映像によれば,1981年,映画「モスクワは涙を信じない」 «Moskva pisaraid ei usu» がオスカーの外国語映画部門で最優秀賞を授賞したというニュースを聞いたとき,ベルリンのホテルに友人たちといたニキータ・ミハルコフ監督は,走るように階下のバーに行き,ウォッカをグラスに一杯に注いでごくごくと飲み干したあと,信じられないと言って,2日間だれとも口を利かなかった,というような伝説的エピソードが聴衆に披露されたという。

 このところ,ソビエト時代を批判的に見る歴史書がいくつか出されている一方で,ソビエト時代を懐かしい時代として振り返る企画もある。独立回復からもうすぐ20年たって,ソビエト時代は暗い時代だったとはいえ,平和な時期でもあり,文化面での興隆もあったのだということを,エストニア人が客観的に見られるようになったということだろう。

 劇場の名前の Vanemuine だが,フィンランド語の叙事詩カレワラに登場する Väinämöinen ワイナミョイネンと関係があるとされる。この劇場の歴史は,1870年6月24日,エストニア最初の女流詩人コイトラ Lydia Koidula (1843-86) が書いたエストニア語の最初の喜劇 『サーレマー島のいとこ』 Saaremaa Onupoeg が初演された日の始まるとされている。

語彙
 vene film     ロシア映画
 meelde tuletama  思い出させる
 lava        舞台,ステージ
 kõlama       (音楽が)聞こえる,響く
 filmimuusika    映画音楽
 lavastaja     舞台演出者
 kontsert      コンサート,演奏会
 katkend      断片,(映画の) ひとこま
 näitleja      俳優

Vanemuise kontserdimaja
Vanemuise kontserdimaja

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活祭 - lihavõtted

 日曜日は復活祭 lihavõtted です。といっても,キリスト教徒はエストニア人の3割ほどで,そのまた半分くらいの正教信者 ortodoksid に重要な宗教的意味があるくらいで,残りのルーテル派プロテスタント luterlased には,春休みの始まり程度の意味しかもっていないのが実情です。というわけで,教会に属さない人々も含め,大部分のエストニア人にとっては,家族で楽しめるお祭りの日といったところです。

続きを読む "復活祭 - lihavõtted"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

セイヨウネズ - kadakas

 二月ほど前に,エストニアの灌木カタカス kadakas を話題にした。海岸地域によく見られ,エストニア人ならだれでも知っている木である。

 エストニアの木工芸 - kadakas

 このカタカスだが,日本語でなんと呼べばいいいのか,ずいぶん長い間考えてきたのだが,日本語の Wikipedia でセイヨウネズと言われている木ではないかと,ある方に教えていただいたので,さっそくアクセスしてみた。

 セイヨウネズ

 Wikipedia によると

セイヨウネズ(西洋杜松、学名Juniperus communis)はヒノキ科ビャクシン属の針葉樹である。全ての樹木の中で最も広い分布域を持つものの一つであり北半球の寒い地域全域に分布する。北極から北緯30度程度までの北アメリカ、ヨーロッパ、アジアに自生する。

この木は ... 小さいため他の木材のように使うことはできない。しかしスカンジナビア半島では、バターやチーズなどの日用品を入れる入れ物や、木製のバターナイフとして加工される

など,私の知っているこの木にぴったりのことが書いてあるほか,写真もあるし,学名も Juniperus communis というらしいから,まず間違いないと思われる。

 ということで,今後はカタカスの代わりにセイヨウネズと呼ぶことにする。セイヨウネズは,フィンランドでは kataja カタヤ,スウェーデンでは en エーンと呼んでいる。

Kadakas - セイヨウネズ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ICチップ - kiip

 昨日 (4月1日) にネットで流れたので,四月バカのジョークではないかというコメントもあったが,本当の話らしい。エストニアで MasterCard を発行しているスウェーデン系の銀行 Swedbank が顧客に,不正使用を未然に防ぐために,磁気テープだけでICチップのついていない MasterCard のクレジットカード口座を一時閉鎖すると発表した。このタイプの古いクレジットカードは,エストニアで 7000枚使われているが,銀行側は,古いタイプのカードを使っている顧客には個別に通知を出してあり,順次手数料なしで新しいカードと交換するという。

 IC chip

語彙
 sulgema      閉鎖する
 ennetama      未然に防ぐ
 magnetriba    磁気テープ
 kiip        ICチップ
 pooljuht      半導体
 kaart       カード
 krediitkaart    クレジットカード
 kuritarvitamine  不正使用
 pank        銀行
 väljastama     発行する
 kehtivusaeg    有効期間

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もっとも優れた - parim

 昨日 (4月1日) の記事なので,あるいはとは思うけれど,そのまま信じることにすれば,エストニアの新聞 Postimees がネットで「今日,エストニアの最も優れた男性スポーツ選手 Eesti parim meessportlane を選ぶとすれば,あなたは誰に投票するか」という質問をしたところ,70%が把瑠都を選び,2位のスキー選手 Andrus Veerpalu ヴェールパルの11%を大きく引き離したという。

記事: Baruto valitaks Eesti parimaks sportlaseks? 把瑠都がエストニアの最優秀スポーツ選手になりそう?

 ある読者によると,Google でエストニアのスポーツ選手名で検索したときのヒット数はこうだったという。

 Kaia Kanepi       366 000
 Andrus Veerpalu     300 000 以上
 Kristina Šmigun-Vähi   300 000 以上
 Gerd Kanter       185 000
 Rein Taaramäe       75 000

 Baruto 把瑠都    1 160 000

 別の読者は,相撲の呼び出しが「把瑠都 エストニア出身」と毎回呼ぶことにふれ,これだけ繰り返し名前が呼ばれたエストニア人は日本の歴史始まって以来だろうと,コメントしている。

 エストニア語の parim は,形容詞 hea 「良い」の最上級。比較級は parem である。

Baruto võitluses Toyonoshimaga

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョーク - aprillinali

 新聞 Postimees がホームページで,四月ばかにちなんでジョークを読者から募集した。期待して覗いてみたが,あまり面白いものはなかった。ここに引用するのは,どこかで聞いたことのある陳腐なばか話だが,親族名称がたくさん出てくるので紹介する。

続きを読む "ジョーク - aprillinali"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うそをつく - valetama

 こういう話は,朝一番に書かないと意味がほとんどなくなるのかもしれないが,今日は4月1日,うその情報を流しても,冗談として許される「四月ばか」の日である。エストニア語では arpill 「四月」ないしは aprillinali 「四月の冗談」と呼ばれる。うそを意味するエストニア語は vale,動詞は valetama「うそをつく」 である。冗談は nali, 動詞は nalja tegema 「冗談を言う」という。

 今日ニュースを見て,今年度から,児童手当が支給されるなどの話を聞いて,こういう重要なことは,明日以降に国民に話した方が間違いないのに,と思ったのは私だけではないだろう。もっとも,日本では,四月ばかに対する許容度が低いので,気をつけないと犯罪行為とされてしまうか,翌日の新聞投書欄で徹底的にたたかれるかのいずれかになるが,そこにいくとヨーロッパではずっと寛容だ。たとえば,どこかの街のスーパーで今日は全品5割引で売っているなんて噂がひろがって,噂を聞いた市民が店へ行ってみるとデマだったなんてことがあっても,市民は,やられたと苦笑いしつつ,店に入って何か買って帰ってくれたりするから,店は大喜び。たとえ店が意図的に流した偽の情報だとしても市民はむきにならずに笑って済ませる。それが日本だったらたいへんな社会問題になる (笑)

 論理学という学問がある。哲学の一部だと思われていることが多いが,論理というのは,数学の証明の基礎になっているし,コンピュータが動くしくみの根本的な考え方だから,数学の一部と考えた方がいいのかもしれないが,ともかく,論理学を勉強すると,必ず「うそつきのパラドクス」という話が出てくる。

 ある男 (女性でもかまわないが,この話ではたいてい男である) が公衆の前で「私は嘘つきです」と言ったとする。その場にたまたまいて,この男のことばを聞いたあなたは,それをどう受け止めたらいいかという一見簡単な話だが,これは,論理学の根幹に関わる問題だというから面白い。

 ここで,男がまじめな (?) 根っからの嘘つきであると仮定する。これが重要だ。いい加減な (?) 嘘つきだと以下の話はなりたたない。さて,この男がまともな (?) 嘘つきだすると,男の言うことはうそに決まっているから,「私は嘘つきだ」ということばそのものが,大うそということになり,男は自分は嘘つきではないといっていることになる。しかし,もしこの男が嘘つきでないということになると,最初に言った「私は嘘つきだ」はうそではないことになるから,結局,この男は嘘つきだということになる。ここで振り出しに戻るのだが,このままで終わらないから,永遠にこの堂々巡りが繰り返される。

 コンピュータは論理で動いているから,この嘘つきのパラドックスのような自己矛盾の情報をインプットすると,空回りして,やがてオーバーヒートし,煙を噴いて壊れてしまうことになりかねない。それが起こらないのは,こういう自己矛盾な情報をどこかで検知して,エラーメッセージがでるような仕組みができているかららしい。

 とここまできて,今言ったことはぜんぶうそ,と私が言ったらみなさんはどうしますか? 今日は4月1日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

言語監督官 - keeleinspektor

 エストニアの言語監督庁 Keeleinspektsioon は,言語監督官 keeleinspektor を公共機関の職場に送り込んで,言語法 keeleseadus や関連する法令が遵守されているかどうかをチェックすることをその任務の1つとしている国の機関である。このほど,ロシア語を教授言語とする学校や幼稚園ではたらく837人の教育従事者のエストニア語の運用能力を調査し,その86%が法令に定める基準を満たしていないことが明らかになったという。

続きを読む "言語監督官 - keeleinspektor"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »