« 首脳会談 - kohtumine | トップページ | 芸術家 - kunstnik »

一緒になる - liituma

 ナルヴァ川を挟んで,エストニアのナルヴァ市の対岸にあるロシアのイワンゴロドの住民 650 人が署名した嘆願書が,4月2日付けで,ロシアのメドベージェフ大統領とエストニアのイルベス大統領に送られたという。

 記事: Ivangorodi volinik kogus allkirju Eestiga liitumiseks  イワンゴロドの代表者が,エストニアへの併合を求める署名活動

 嘆願書の内容は,イワンゴロドをエストニアに併合してほしい,というものだというから,にわかには信じがたいが,4月1日はとうに過ぎているので,簡単には笑い飛ばせない話である。記事によれば,住民たちの側に,イワンゴロドの実情を州の為政者たちがまったく無視していることに対する不満がある。たとえば,水道による温水の供給が,年間に 7.3 カ月しか行われないのは予算がないからではなく,国からの補助金を為政者たちが自分たちの懐に入れているためだというような訴えが述べられているという。

 署名運動のリーダーは,エストニアへの併合について住民投票をしてもいい,といいながらも,実際にイワンゴロドがエストニアに併合されるなどあり得ないことはよく知っている,その上であえてこういう嘆願をしたのだ,と落ち着いて語っているとのことである。

ナルヴァ川の東岸のイワンゴロド Ивангород 「イワンの町」は,1930年代まではエストニア領でナルヴァしに属し,エストニア語で同じ意味の Jaanilinn ヤーニリンと呼ばれていた。なお,東隣のキンキセプ Кингисепп は,かつてドイツ語で Jamburg と呼ばれていた。現在の名前は,エストニア人のボルシェヴィキ党員 Viktor Kingisepp にちなんで改名されたようである。第二次大戦中は,キンキセプの飛行場から飛び立った爆撃機が,タリンの空爆をしたそうである。

ナルヴァの側から対岸のイワンゴロドを望む
Ilves kohtus Obamaga

|

« 首脳会談 - kohtumine | トップページ | 芸術家 - kunstnik »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/48039078

この記事へのトラックバック一覧です: 一緒になる - liituma :

« 首脳会談 - kohtumine | トップページ | 芸術家 - kunstnik »