« 太る - juurde võtma | トップページ | キフヌ島の歌と踊り - laul ja tants »

百万本のバラ - roos

 加藤登紀子が1983年に歌ってヒットした「百万本のバラ」の原曲 Миллион алых роз 「百万本の赤いバラ」を歌ったロシアの女性歌手アーラ・プガチョワ (Алла Борисовна Пугачёва, 1949生),エストニアでは Alla Borissovna Pugatšova が,11日にエストニアのタリンでサヨナラ・コンサートを開いた。

 記事: Galerii: diiva saabus Balti jaama (Elu24 2010/02/11)
 記事: Galerii: hetki Pugatšova kontserdilt (Elu24 2010/02/12)
 記事: Edgar Savisaar kavatseb Alla Pugatšova kontserti külastada (Elu24 2010/02/11)

 タリン郊外のサク大ホール Saku Suurhall で開かれたコンサートには,市議会の審議を早々に切り上げたサビサール・タリン市長が駆けつけて,プガチョワに面会を求めたらしい。プガチョワもすでに60歳,タリンのバルト駅に到着したプガチョワの写った写真を見るとすっかりおばあちゃんになってしまったという印象をぬぐえない。ちょっとがっかり。

Alla.

 プイガチョワが歌ってヒットした「百万本の赤いバラ」の作曲で有名な Raimonds Pauls ライモンズ・パウルス(本名 Ojārs Raimonds Pauls, 1936生) は,ソ連時代にたくさんのヒット曲を生んだラトビア人の作曲家である。

 歌のロシア語のタイトルに出てくる алый は,血の色や暁の赤のことらしい。ちなみにエストニア語ではこの歌のタイトルは Miljon helepunast roosi と訳されている。エストニア語の helepunane (hele 明るい+punane 赤い) は,字義通りには「明るい赤」「それほど濃くない赤」の意味である。

 プガチョワはモスクワからは列車でタリンに着いたが,コンサートを終えると,今度はバスで次の公演のあるラトビアのリガに向かったそうである。

【*注】 11日のエストニア・タリンでのアーラ・プガチョワのコンサート kontsert の開かれたサク大ホール Saku Suurhall は,2002年にユーロビジョン Eurovison の大会の会場となったホール。ご存じない方のために説明すると,ユーロビジョンとは欧州各国対抗のど自慢大会である。

【更新履歴】 不正確な記述を修正 (2010/12/02); プガチョワ関連のページをひとつにまとめる(2011/01/17)

Alla Pugatšova kontserdipildid

Alla Pugatšova kontserdipildid

Alla Pugatšova kontserdipildid

|

« 太る - juurde võtma | トップページ | キフヌ島の歌と踊り - laul ja tants »

旅行・地域」カテゴリの記事

社会」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47543465

この記事へのトラックバック一覧です: 百万本のバラ - roos:

« 太る - juurde võtma | トップページ | キフヌ島の歌と踊り - laul ja tants »