« エストニア人とそば - tatar | トップページ | 惚れる - armuma »

お祭り - rahvuspüha

 表題に使った rahvuspüha は「民族,国民」の意味の rahvus と「祝日,休日」の意味の püha からなる「民族の祭り」を意味することば。法律で国旗を掲揚することが決まっている「国民の祝日」ではなくて,「国民的なお祭り」のことである。

 エストニアのタリンに住むロシア人たちが,夕べ(13日),Lauluväljak (合唱祭広場)に集まって,ロシアのマスレニツァ масленицаを祝った。[記事ページ] 広場のステージでは,ロシアの民族衣装を着た舞踊団が,歌と踊りで盛り上げ,会場では,恒例の力比べも行われた (記事の映像を参照)。

 ロシア正教ではクリスマスより,パースハ пасха と呼ばれる復活祭のほうがはるかに重要らしいということくらいは私も知っているが,それ以上のことはほとんど知らない。ソビエト時代,カレリアのラドガ湖の島 Valamo からフィンランドに疎開していたヴァラモ修道院で行われた復活祭の深夜のミサのライブ放送をフィンランドのテレビで見たことがある。プロテスタントがほとんどで,復活祭は単なる春休みといっていいフィンランド人は,めずらしい「民俗芸能」を見るような目で見ていたのではないかと思う。ちなみに,このミサはフィンランド語だった。帝政ロシアの時代,ヴァラモ修道院は,首都ペテルブルクに近く,ロシア正教のたいへん重要な施設の一つだったと聞いているが,最近になって,ペテルブルクの篤志家たちの寄付で,かつてのような姿に再建されたとどこかで読んだ。【*注1】

 ロシアのお祭りについて,日本語で詳しく説明しているウェブページがある。[ロシアの祭りと行事]

 マスレニツァとは,復活祭 (今年は4月4日) の前の7週間の断食期間に入る直前の1週間のことで,話題になっているお祭り騒ぎは,その最後の夜(今年は2月13日),すなわち断食に入る前夜に行われ,ロシア人にとっては,ロシア正教のクリスマス(1月7日)よりもはるかに重要らしい。マスレニツァの祭りのキーワードは,「ブリヌイ」と「わら人形」。しっかり食べて,歌って踊って,最後に鬼婆(?)の形をした案山子のような人形に火を付けて,冬を追い払う祭りのようだ。

 ブリヌイблиныは,パンケーキの一種。参考までに,エストニア語では pankook がこれに相当する。食べ物にちなんで,英語ではマスレニツァを Pancake Week と呼んでいるらしい。日本でパンケーキというと甘いシロップをかけて食べるお菓子のイメージが強いが,私の限られた体験に基づく限りでは,ロシア(の田舎)では,家庭で食事として作るものであると思った方がいい。

 参考: Pancake Week in Moscow (ブリヌイを食べている子どもの写真がある)

 「ロシアの祭りと行事」によると「農村ではこの週にはよく、そり滑りの遊びが行われた。これは男性の場合、下腹部を大地と接触させ、大地に実りのための種付けをするという、キリスト教以前の信仰に基づくといわれている。」これを読んで思い出したのは,フィンランドで,laskiainen と呼ばれる日 (英語の Shrove Tuesday に相当し,今年は今月16日のはず) の晩に,思い思いの装備で坂を滑り降りる laskiaiset という風習である。この日の名前は「下る,降りる」を意味する動詞 laskea に由来するので,これまでは,フィンランド人がそれをもじって「そり滑りの日」にしてしまったんだろう,フィンランド人のユーモアもなかなかだ,くらいに思っていたのだが,ひょっとすると,このそり滑りの習慣の根は案外古く,カレリアあたりからフィンランドに伝わったのかも知れない。【*注2】

【*1】 カレリアにある Валаамский монастырьは,日本語では「ヴァラーム修道院」と呼び,その分身 (?) のフィンランドの「ヴァラモ修道院」 Valamon luostari と名前の上でもはっきり区別するらしい。(2010/02/24)

参考:Wikimedia Commons: Category:Valaam Monastery

【*2】 エストニア語では,この日を vastlapäev と呼ぶが,フィンランドと同様の慣習が,エストニアにもあったのかどうかは,不勉強で知らない。ただ,最近は,子どものためのそりすべり大会が開かれることがあるようだ。 (2011/03/08)

|

« エストニア人とそば - tatar | トップページ | 惚れる - armuma »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47563065

この記事へのトラックバック一覧です: お祭り - rahvuspüha:

« エストニア人とそば - tatar | トップページ | 惚れる - armuma »