« 記念碑 - sammas | トップページ | 喫煙禁止 - suitsuvaba »

エストニアの木工芸 - kadakas

 エストニアに行くと,土産物店でこの写真のような木製の工芸品を売っている (写真をクリックすると他の製品が見られる)。

 これは,サーレマーやほかの島で典型的に見られる灌木カタカス kadakas (辞書によると,英語で juniper,日本語ではジャクシンと呼ぶらしい) の幹で作ったものである。白っぽい木肌で,固く,独特のにおいがする。

Kadakas はきれいな青い実をつける

 サーレマーでは,このカタカス加工の技術を生かして,中国製のUSBメモリー (mälupulk - 字義通り訳せば「メモリー・スティック」)をこの木で作った保護用のケース (ümbris) に収めて,製品として売り出すという。[記事ページ] 材料としては,カタカスのほかに,同じく島でよく見られるマーリヤカスク (maarjakask) も使われる。

Harilik kadakas. カタカス


Maarjakask. マーリヤカスク

|

« 記念碑 - sammas | トップページ | 喫煙禁止 - suitsuvaba »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47497700

この記事へのトラックバック一覧です: エストニアの木工芸 - kadakas:

« 記念碑 - sammas | トップページ | 喫煙禁止 - suitsuvaba »