« 合唱祭 - laulupidu | トップページ | 女優 アナ・トーブ - näitlejanna Anna Torv »

エストニア国歌 - hümn

 歌の話題が続きます。エストニア国歌 Eesti Vabariigi hümn は,基本的にフィンランド国歌と同じく,ドイツ人のF・パーシウス Fredrik Pacius (1809-1891) が1848年に作曲したメロディーにのせて歌います。

 エストニア国歌の公式ページ: Eesti Vabariigi hümn (音声ファイルあり)

 現在のエストニア国歌のメロディーは,旧共和国時代の1920~1930年代に歌われたものと少し違っており,また,その当時のものもパーシウスの原曲とは少し違うのだそうです。

 エストニア国歌を3つのバージョン (1848, 1927, 現行) で聞くことのできる無料のコンサートがこの週末にタリンとタルトで開催されるそうです。

 記事: Eesti hümn kõlab nüüd sama uhkelt kui enne sõda (Postimees 2010/02/12)
 参考: フィンランド国歌とエストニア国歌 (リンク)

【補足】
 加筆とリンクの修正 (2010/12/04)

|

« 合唱祭 - laulupidu | トップページ | 女優 アナ・トーブ - näitlejanna Anna Torv »

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47550523

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア国歌 - hümn:

« 合唱祭 - laulupidu | トップページ | 女優 アナ・トーブ - näitlejanna Anna Torv »