« タリンでもこの冬いちばんの寒さ (2010) | トップページ | タルト和平条約 - Tartu rahuleping »

再び,エストニア地名のカタカナ表記についての苦言

 ある地図のサイトにたまたま行き当たって,エストニアを見てみました。

 Wikimapia

 こういうサイトからも「タルトゥ」(「トゥ」って入力面倒ではありませんか)という表記が広まっていくんだなあ,と思いました。「タルト」がいいというのは,個人の好みの問題かもしれないけれど,次のようなのは絶対好みの問題ですませてほしくないですね。間違いです。

× ムホゥ Muhu → ムフ
 × ノッメ Nõmme → ノンメ (タリンの地区,地図を拡大すると出てきます)

 翻訳(?)プログラムを使って機械的にカタカナ表記に変えているのかな?

|

« タリンでもこの冬いちばんの寒さ (2010) | トップページ | タルト和平条約 - Tartu rahuleping »

言語」カテゴリの記事

コメント

僕だったらそれぞれ「タルトゥ」、「ムフ」、「ヌンメ」にしますね ^^ 「õ」の音も日本語の「ウ」に近いと思うので。

投稿: E10 | 2011/01/27 20:03

貴重なご意見をありがとうございます。

投稿: ブログの主 | 2011/01/27 22:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47409584

この記事へのトラックバック一覧です: 再び,エストニア地名のカタカナ表記についての苦言:

« タリンでもこの冬いちばんの寒さ (2010) | トップページ | タルト和平条約 - Tartu rahuleping »