« 氷の道 - jäätee | トップページ | エレルヘイン演奏会 2000年夏 »

エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震

 国連の施設で働いていたエストニア人男性(35歳)が32時間ぶりに瓦礫の下から救出されたそうです。ケガはなかったとのこと。なお,以前からマイアミに家族と住んでいる人のようで,エストニアから駆けつけたわけではないようです。[記事ページ] Reuters 配信の映像もあります。

 地震は,エストニア語では maavärin または maavärisemineです。インターネットで調べてみると,maavärin のほうが圧倒的によく使われています。maa 「大地,土地」と動詞 värisema 「振動する」 の名詞形から作られた複合語です。しいて訳し分ければ,värin は「揺れ,震え」,värisemine は「揺れること,震えること」です。なお,maa は,「地方,国」,さらには「地球」の意味でも使います。ただし,地球の意味の時は大文字で Maa と書かれます。英語の earth と land と country の3つの意味を併せ持つ名詞と覚えるといいでしょう。

 それにしても,日本の新聞のオンライン版でのハイチ地震の扱いが急に少なくなったように感じませんか。日本人が現地で巻き込まれなかったからでしょうか。地震国日本なのに,対応が冷たすぎるんじゃないかなあ。

|

« 氷の道 - jäätee | トップページ | エレルヘイン演奏会 2000年夏 »

旅行・地域」カテゴリの記事

災害・事故」カテゴリの記事

自然・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47299121

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震:

« 氷の道 - jäätee | トップページ | エレルヘイン演奏会 2000年夏 »