« 雪のエストニア | トップページ | エストニアの失業率13.4%,失業者88000人 »

タリン空港の利用客が激減

 昨年(2009)のタリン空港の利用者は135万人で,2008年と比べると26%も減少,取り扱った貨物は50%減。[記事]

 参考までに,リガ空港の昨年の利用者は407万人で,前年比10.2%も増加した。

 タリン空港を経由して第三国に向かう外国人はまずいないと思われるので,空路で外国に出かけるエストニア人の数も空路でエストニアを訪れる外国人の数も大幅に減ったということになる。

 赤字続きのエストニア航空 (Estonian Air) の経営から,スウェーデンのSASが撤退の意向を表明していて,エストニア政府と交渉が行われている。同じく赤字に悩むSAS側は2億クローン(16億円)をエストニア政府からもらって撤退したいのだが,エストニア政府は,SASからの借入金をすべて返済するという誓約だけで満足してもらえないか,と言っているらしい。[記事]

 エストニアの経済は本当にたいへんそう。

|

« 雪のエストニア | トップページ | エストニアの失業率13.4%,失業者88000人 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47243506

この記事へのトラックバック一覧です: タリン空港の利用客が激減:

« 雪のエストニア | トップページ | エストニアの失業率13.4%,失業者88000人 »