« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

エストニアとロシアの国境 - piir

 エストニアとロシアの国境は,東北はナルバ川,東はペイプス湖 (Peipsi järv; Чудское озеро「チュド湖」) とプスコフ湖 (Pihkva järv「ピヒクヴァ湖」; Псковское озеро)がその役割を果たしているが,東南だけは地続きである。

続きを読む "エストニアとロシアの国境 - piir"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘルシンキ・タリン航路でもフェリーの立ち往生 (2010)

 昨日(29日),乗客850人を乗せたフィンランドのフェリーが,タリンに向けて8時にヘルシンキを出港してまもなく氷に閉じ込められて立ち往生,エストニアから援助に向かったのフェリーの援助で脱出し,10時間後にタリンに到着したそうです。[記事ページ]

続きを読む "ヘルシンキ・タリン航路でもフェリーの立ち往生 (2010)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とけ込む - lõimuma

 外来語の動詞 integreeruma (英語でいえば get integrated) に相当するエストニア語の動詞。

続きを読む "とけ込む - lõimuma"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷に囚われる - jäävangis

 エストニア語では,氷に閉ざされて動けなくなった状態を jäävang 氷の囚人という。船や旅行者などが動けなくなったりすることを表すほかに,川,湖,湾そのものが交通不能の状態になることも言う。日本語では,村落などが雪のため孤立することを「陸の孤島になる」というが,それとやや発想が違うが,似ていないこともない。

続きを読む "氷に囚われる - jäävangis"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風刺 - karikatuur

 エストニアはとにかく寒いようです。

 Päeva karikatuur: külm on! 今日の風刺画:寒いよう!
 「氷はもう十分にあると思うから,そろそろウィスキーも注いでほしいんだけど」

 画像に直接リンクをはって表示させています。画像をクリックすると記事のページに移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪だるま - lumememm

 日本の雪だるまは男なんでしょうか女なんでしょうか? エストニア語は lumememm 雪婆さん なので女性です。面白い。

続きを読む "雪だるま - lumememm"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タルト和平条約 - Tartu rahuleping

 エストニアの独立記念日は2月24日ですが,この祝日は独立宣言の出された1918年2月24日が根拠となって定められたものです。しかし,独立しますという意思の表明だけでは国家の成立には不十分で,すでに国家として認められている国々から承認してもらう必要があります。エストニアの場合,ロシアに独立を認めさせるのがもっとも重要な課題で,ロシアが首を縦にふるまでには,内戦(Vabadussõda「解放戦争」)の期間を含め,2年近くかかりました。

続きを読む "タルト和平条約 - Tartu rahuleping"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び,エストニア地名のカタカナ表記についての苦言

 ある地図のサイトにたまたま行き当たって,エストニアを見てみました。

 Wikimapia

 こういうサイトからも「タルトゥ」(「トゥ」って入力面倒ではありませんか)という表記が広まっていくんだなあ,と思いました。「タルト」がいいというのは,個人の好みの問題かもしれないけれど,次のようなのは絶対好みの問題ですませてほしくないですね。間違いです。

× ムホゥ Muhu → ムフ
 × ノッメ Nõmme → ノンメ (タリンの地区,地図を拡大すると出てきます)

 翻訳(?)プログラムを使って機械的にカタカナ表記に変えているのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タリンでもこの冬いちばんの寒さ (2010)

 昨夜はタリンで-26.1℃,タルトで-29.2℃と,この冬いちばんの寒さだったようです。

続きを読む "タリンでもこの冬いちばんの寒さ (2010)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厳しい寒さで子供たちは自主休校 (2010) - külmapüha

 シベリア高気圧の影響で,寒波がヨーロッパ中を覆っていて,エストニアでも寒波が続いています。今朝(27日)は,エストニアの中部や南部で-30℃~-34℃,北部で-26℃~-29℃,島嶼部で-19℃~-26℃という寒さのため,多くの子供たちが今朝は自主休校したようです。

続きを読む "厳しい寒さで子供たちは自主休校 (2010) - külmapüha"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切符 - pilet, talong

 現在の日本語で切符というと,バスや電車の乗車券のことだが,その昔は配給切符などというのがあったようだから,切符は今よりもっと広くいろいろな「紙切れ証明書」をさすことばだったらしい。エストニア語の pilet も,交通機関の乗車券 (sõidupilet) のほかに,図書館の利用者カード (lugejapilet) のような「会員証」の類も含めた呼び名である。

続きを読む "切符 - pilet, talong "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアで-32.4℃を記録 (2010) - talve külmarekord

 昨日 (1/23) の朝,ヨケヴァ Jõgeva でこの冬の最低気温-31.5℃が観測されたと報道されたが,その記録があっさり書き換えられた。同じくヨケヴァで今朝(24日)7時~8時の間に-32.4 ℃が記録されたからである。

続きを読む "エストニアで-32.4℃を記録 (2010) - talve külmarekord"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリンに雪の町出現 - lumelinn

 雪の多い本格的な冬が訪れているタリンに,雪の町 (lumelinn) が出現しました。場所は,トーンペアペアの丘(Toompea)の西側に広がる公園(Toompark)のもっとも北の部分で,鉄道のバルト駅(Balti jaam)の南側のあたり。 映像が面白いです。

続きを読む "タリンに雪の町出現 - lumelinn"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの失業者9万人を超える

 エストニアの失業者数がさらに増加して,21日現在で90671人。全国平均の失業率は13.8%。

 失業率を地域別に見ると,一番高いのが,ナルヴァのある東ヴィル県(Ida-Virumaa)で20.0%,もっとも低いのは,ヨケヴァ県 Jõgevamaa で10.3%。

 エストニアのハローワーク (töötukassa) の求人数も増えているそうです。[記事ページ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切手の本

 国書刊行会という出版社から,加藤郁美著『切手帖とピンセット』(2010年1月刊, 2200円+税) という本をいただきました。

 出版社のホームページでは,まだこれから出る本の中に入っていますが,著者のホームページではすべてのページの中身を覗くことができます。

続きを読む "切手の本"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア大統領の月給 - kuupalk

 大統領夫人が高価な毛皮の襟巻きをしていたという話が出たところで気になるのが,エストニア大統領の月給の金額です。残念ながらいくらかは知りません。ネットでこまめに調べればどこかに書いてあるのかもしれませんが,それほど暇人でもないので。

続きを読む "エストニア大統領の月給 - kuupalk"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大統領夫人の毛皮のおしゃれ

 エストニア人の苗字には,動物名が時々あります。大統領のイルベスもそのひとつで ilves はオオヤマネコのこと。この動物の毛皮はリンクスと呼ばれるんでしたっけ。ヨーロッパのほとんどの国で,保護対象になっている動物で,毛皮はなかなか手に入らないのだとか。エストニアでは,1000頭近くいることが確認されているそうです。

続きを読む "大統領夫人の毛皮のおしゃれ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

9月の第2日曜日は「祖父母の日」

 エストニア人にとって,休日が増えるというわけではないのですが,9月の第2日曜日が,今年から「祖父母の日」として祝日,つまり国旗を掲揚する日になります(今年は9月12日)。101人の定員のエストニア国会 Riigikogu で81人の議員が賛成したそうです。[記事ページ]

 緑の党の提案で成立したこの祝日の目的は,子育てにおける祖父母の役割の再認識と敬老の精神の高揚だそうで,なんとなく,同じく9月にある,日本の敬老の日に似てますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア大統領の公式ホームページ - Eesti Vabariigi president

 意外に面白いです。デフォルトはエストニア語ですが,英語ページとロシア語ページがあります。ただし,内容がまったく同じかどうか確認していません。

 Vabariigi president エストニア共和国大統領

 演説のテクストや,新聞発表なども面白いですが,夫人の経歴とかもありますのでご覧下さい。

 ほかに,エストニアに関する基礎知識(1918年の独立宣言,憲法,歴代国家元首,国民の祭日等)のページもあります。

 Eesti Vabaiik (エストニア共和国について)

 ちなみに,エストニア共和国の初代大統領は誰でしょう? Lennart Meri (在任 1992-2001)と思っている人が多いと思いますが,共和国大統領 (vabariigi president) と呼ばれる職についた最初の人は Konstantin Päts (1874-1956, 在任 1938/04/24 - 1940/06/17) です。ソ連に併合されたときの国家元首です。

 ソビエト時代(=ソ連の占領下にあった時代)は,(亡命政権の)首相が共和国大統領を兼任していました。エストニアの亡命政権はずっとアメリカ合衆国に置かれ,バルト三国のソ連併合を承認していなかった合衆国政府と,唯一の正統なエストニア政府として外交関係を結んでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新型インフルエンザ,死者15人に - gripp

 先週,50歳代と70歳代の女性が死亡し,エストニアの新インフルエンザによる死者は合計15人になった。ふたりとも,慢性疾患があったらしい。

続きを読む "新型インフルエンザ,死者15人に - gripp"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア文学の巨匠:A・H・タンムサーレ

 ソビエト体制下では,読むことが許されている作家とそうでない作家があるなど,文学というのはきわめて政治的な領域だった。ちなみに,たとえばエストニア科学アカデミーの図書館(現在のタリン大学学術図書館)には,一般の市民には閲覧できない1930年代以前の図書が収蔵されている書庫があったほか,読んではいけない「危険な本」のリストも図書館向けに作られており,文学でいえば,亡命作家の作品の多くがリストにあがっていた。もっとも,特別な書庫の存在は公然の秘密で,特別な許可があれば閲覧することもまったく不可能ではなかったようだ。

続きを読む "エストニア文学の巨匠:A・H・タンムサーレ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアのお菓子 - Pilveke

 エストニアのお菓子のことが書かれたブログ・ページを見付けました。

続きを読む "エストニアのお菓子 - Pilveke"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの安全保障は安泰

 イルベス(Toomas Hendrik Ilves) 大統領が,エストニア防衛軍の教育施設で講演し,エストニア民族の安全がこれほど安泰な時期は,歴史始まって以来なかったことだと述べたという。[記事ページ]

 以下,講演の内容をまとめた記事からさらに要点だけ抜き出してみる。

 NATO が申し分なく機能しているのにもかかわらず,マスコミが,NATO がエストニアがもし危機に見舞われたとき本当に救いの手をさしのべてくれるのか,というようなテーマで騒いでいるのはおかしいだけでなく,エストニアの安全保障の観点からは困った現象である。

 モロトフ=リッベントロプの議定書はすでに歴史になっている。いつまでも過去を振り返って,現在を1930年代と比べるのはいかがなものか。エストニアの将来について考えるべきだ。

 現在のロシアは,NATO と EU の加盟国としてのエストニアの地位を脅かしてはいない。ロシアからときどき聞こえてくる挑発的な内容のニュースに一喜一憂すべきではない。対ロシア関係を改善しようとしている合衆国のオバマ大統領の考え方はエストニアの利益に合致する。エストニアを含めた西側諸国のロシアとの関係はオープンで協力的なほうがいい。

 経済情勢などで,暗い気分に満ちているこの時期ゆえのレトリックもあるだろうが,とにかく,明るい内容なのはいいことである。ちなみに,大統領は1953年ストックホルム生まれで,合衆国育ち,1980年代にはドイツに住み,自由ヨーロッパ放送で働き,1990年代にエストニアに「帰化」したという経歴をもつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアのベストセラー

 昨年(2009)エストニアでもっとも売れた本は,エストニア人の母親をもつフィンランド人女性作家 Sofi Oksanen (1977生) の『粛清』(Puhdistus, 2008) のエストニア語訳 Puhastus (同じく『粛清』)。

続きを読む "エストニアのベストセラー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

把瑠都の金星

 初場所7日目の白鵬・把瑠都の対戦について,エストニアの新聞 Postimees のオンラインページに載った記事です。

  Võimas: Baruto alistas esmakordselt yokozuna 強い:把瑠都が横綱に初金星

  Baruto: uskumatu, et yokozuna alistasin 把瑠都:横綱に勝ったのは夢のよう

 記事とそのコメントや記事の中にリンクがあるYouTubeの動画に寄せられたコメントに繰り返し出ている単語があります。

  tubli    すばらしい
  õnne   幸運(õnn)を      Palju õnne! おめでとう! やったね!
  edu    成功          Edu sulle!  成功を祈る! 頑張れ!
  võidu   勝利(võit)の

 記事のコメントでは,懸賞金のことが大きな話題になってます。勇ましいコメントの中にひとつだけ「ケガしてないことを祈ります」(loodan, et ta ei saanud viga)というやさしいコメントがYouTubeのほうにあったのが,印象に残りました。そうそう,記事のコメントの中に日本語のものがひとつみえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非エストニア人の失業率20%

 エストニア統計局によると,2009年第3期の失業率は,エストニア人11.6%,非エストニア人 (mitte-eestlane) 20.4%。[記事ページ]

 もっとも失業率の高かったのは,非エストニア人男性の24%で,以下,非エストニア人女性17%,エストニア人男性14%,エストニア人女性10%の順番。エストニア人・非エストニア人の区別は,母親の民族帰属に基づいて決められた。

 2009年末の時点での失業登録者数は87,282人,うち22,664人(26%)がエストニア語の知識が十分でなく,24,084人がエストニア国籍をもたない人だった。

 関連情報:エストニアの失業率13.4%,失業者88000人

 2000年の国勢調査では,エストニア人と非エストニア人の比率はほぼ2:1なので,この比率が現在も保たれているとすると,失業率から逆算してエストニア人と非エストニア人の失業者数はほぼ同じになるはずだから,失業者のの2人に1人が非エストニア人と考えられる。ここで,エストニア人はみなエストニア語が母語だろうから,「エストニア語の知識が不十分」な失業者は,ほぼすべて非エストニア人と考えていい。とすると,失業している非エストニア人の2人に1人は,エストニア語がよくできないと考えられる。

 印象的に言えば,失業者が4人いると,2人がエストニア人,1人がエストニア語を話せるロシア人,残りの1人はエストニア語が話せないロシア国籍の人と考えて,まあおおむね間違いないだろうということになる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレルヘイン演奏会 2000年夏

 エレルヘインの2000年夏の日本での演奏会のチラシが出てきたので,記録のためにコピーをここに置くことにしました。

 今は亡き後藤田純正さんの文章が載ってます。このときは民音(財団法人 民主音楽協会)の主催で,東京では,文京シビックホールとすみだトリフォニーホールで公演があったようです。懐かしいですね。

 1995年にも来日してコンサート・ツアーを行ったと書かれてますが,そのときはコンクールへの参加が目的だったのではなかったでしたっけ。いずれにしても,そのときは,まだほとんど話題にならなかったように記憶してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震

 国連の施設で働いていたエストニア人男性(35歳)が32時間ぶりに瓦礫の下から救出されたそうです。ケガはなかったとのこと。なお,以前からマイアミに家族と住んでいる人のようで,エストニアから駆けつけたわけではないようです。[記事ページ] Reuters 配信の映像もあります。

 地震は,エストニア語では maavärin または maavärisemineです。インターネットで調べてみると,maavärin のほうが圧倒的によく使われています。maa 「大地,土地」と動詞 värisema 「振動する」 の名詞形から作られた複合語です。しいて訳し分ければ,värin は「揺れ,震え」,värisemine は「揺れること,震えること」です。なお,maa は,「地方,国」,さらには「地球」の意味でも使います。ただし,地球の意味の時は大文字で Maa と書かれます。英語の earth と land と country の3つの意味を併せ持つ名詞と覚えるといいでしょう。

 それにしても,日本の新聞のオンライン版でのハイチ地震の扱いが急に少なくなったように感じませんか。日本人が現地で巻き込まれなかったからでしょうか。地震国日本なのに,対応が冷たすぎるんじゃないかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷の道 - jäätee

 実際に体験しないと信じられないとは思いますが,北欧やロシアでは,冬になると,川も湖も海も広範囲が凍って,夏はフェリーで行き来しているところが,氷上道路 jäätee (氷の道) になって,車で通行できるようになります。私のもっとも感動した体験は,ロシアのボルガ川をタクシーで渡ったことです。

続きを読む "氷の道 - jäätee"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア・キフヌ島 (その2) - Kihnu

 エストニアのキフヌ島 (Kihnu) に関する続報です。島の宿泊と観光案内サイトがあります。エストニア語・英語・フィンランド語・ドイツ語で情報が載っています。夏の旅行を計画するとき,ぜひ参考にしてください(!)

 Kihnu Kuraga majutus

 以前ご紹介した小松さんという方のブログに「エストニア,キフヌ島 その2」が載りました。

 小松さんのブログに登場するオイエさんという女性が,2月に来日するキフヌ舞踊団に同行して東京に来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語の初級入門教材

 タイトルを見て大きな期待をされた方には申し訳ないですが,現地のロシア人向けの教材なので,説明はロシア語です。しかし,練習問題の答えがきちんと載っていたり,CDの音声教材も付属するので,ロシア語を知っていて,エストニアの雰囲気にひたりながら,エストニア語を勉強してみたい人にお勧めできそうです。

 Tere! Eesti keele õpik algajatele 0-A1
 Inga Mangus, Merge Simmul
 Kirjastus Eesti Ekspress, 2009
 ISBN-13 9789949444441

 値段は 329 EEK(=2500円)で,エストニアの本としては結構高いです。エストニア語を勉強しようとするロシア人は生活がかかっているので,中途半端なものでは買わないから,内容的には,英語の教材を焼き直した安っぽい旅行者用教材とは比べものにならないし,なによりも,エストニアの生活に即している点で貴重かと思います。また,解説が一般に非常に丁寧です。

 エストニア語の文法を手軽に知りたいという人には,これもロシア人用ですが,「エストニア語文法表」という大判40ページほどの冊子が出ていて,何度が増刷改訂されてます。38 EEKです。

 Eesti keele grammatika tabelites
 Aino Siirak
 Kirjastus Pangloss
 ISBN-13 9789985809600

 この教材も,掘り出し物だと思います。人称代名詞の格変化表を,無断でコピーしちゃいました。

人称代名詞の格変化表

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリンのエストニア人は50%以下(2) - eestlasi Tallinnas

 この話題を扱ったもうひとつ別の記事が昨日出ました。[記事ページ] 数字が概数でなくなっているほかに,前の記事になかったことが少し書いてあります。

 まず,去年の初めには,タリンの人口の52.2%だったのが,今年は一気に47.2%に下がってしまったこと。タリンの全人口が少し増えて,エストニア人の人口が1割減った結果が数字からはっきりわかります。こういう数字は,5ポイント動けば,大きなニュースになります。

 一方,ロシア人の割合も,1年前は38.6%だったのが 34.9%に下がっていることからもわかるように,ロシア人も減っています。さらには,ロシア人の次に多いウクライナ人や白ロシア人(ベラルーシ人)の数も減ったようです。

 エストニア人とロシア人で約9割を占めていたのが,1年間で8割強に減少したことになり,その差は単純計算をすると35000人ほどになる。タリンの人口はこの1年で少し増えているようなので,代わりにタリンに住むようになったのはどういう人たちなのだろうかと興味がわきますね。

 タリンの地区別の違いについても書かれていますが,国勢調査のときと,全体的傾向は変わっていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアのサビサール化(?)

 冷戦時代,西側から見て望ましくない現象として「フィンランド化」という概念が使われたことを思い出すが,ソビエト連邦崩壊後のロシアで「エストニアのサビサール化」(савизарование, savisaarestamine)という言い方がされているという。

続きを読む "エストニアのサビサール化(?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリンのエストニア人は50%以下

 今月初めの時点で,タリンの人口407,000人のうち,自分を「エストニア人」(eestlane)と申告しているのは192,000人。[記事ページ]

 エストニア人口研究所(Eesti demograafia instituut)の所長は「エストニアでも,よりよい環境を求めて,都市の中心部から都市近郊に引っ越す人が増えている。都市部の非エストニア人の出生率はエストニア人よりも低いので,エストニア人がエストニアで存続の危機にあるなどと考えるのは当たっていない」と言ってます。

 2000年3月末の国勢調査で,タリンの人口400,376人のうち215,144人がエストニア人だったころと比べると,10年間で人口が7000人増えて,エストニア人が23,000人減ったことになります。

 ただし,この数字は「自分がどの民族集団に属すると思うか」という調査の結果で,「あなたの母語は何か」の質問に「エストニア語」と答えた人数とまったく同じではありません。実際,国勢調査で,エストニア語が母語と答えたのは209,957人でした。

 母語をエストニア語と答えた人とそれ以外の人の割合は,タリンの地区によってもかなり違います。国勢調査ではこんな数字が出ていました。

 ラスナマエ地区 (Lasnamäe):  32.6% (エストニア語 37,626, 全体 115,243)
 ムスタマエ地区 (Mustamäe): 58.7% (エストニア語 39,833, 全体 67,842)
 都心地区 (Kesklinn):      67.3% (エストニア語 30,271, 全体 45,009)
 ノンメ地区 (Nõmme):      81.6% (エストニア語 30,355, 全体 37,203)

 新興住宅地区ほど,非エストニア語が聞かれなくなるという傾向がはっきり見えます。Nõmme は,もともとは独立した町だったのが合併でタリンの一部になった地区です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア・Kihnu 島の歌と踊り

 少し前に話題にした Kihnu 島の歌と踊りが東京で見られます。

  平成21年度「国際民俗芸能フェスティバル
  会場:新国立劇場中劇場(東京都渋谷区本町1-1-1)
  日時:平成22年2月9日(火曜日)・10日(水曜日)
      2月9日(火曜日)夜公演 18時30分開演(18時開場)
      2月10日(水曜日)昼公演 12時開演(11時30分開場)

 海外からは,エストニア (Kihnu) とタイ,国内からは,秋田・奈良・愛媛の芸能が上演されるようです。

 無料ですが,事前の申し込み (1月15日締切) が必要です。詳しくは Web ページをご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの日本文化愛好者たち

 私の付き合いの範囲が限定されている関係で詳しいことはほとんど知らないのですが,また,ソビエト時代からすでに見られた現象で今に始まったことではないのですが,柔道や空手,合気道といった日本古来のスポーツの愛好者たちがエストニアには大勢いるようです。

 日本語にすれば「武道倶楽部 蜜蜂」という,合気道・琉球古武術・田浦無想流古武道を看板に掲げている団体があり,ホームページを作っていますが,そこに「日エ武道辞典」(jaapani-eesti budosõnastik)というこの分野の用語集のページがあります。

 Mitsubachi. Budoklubi Mitsubachi virtuaalkodu.

 この用語集の編者のひとり Jüri Lootus さんがメールで教えてくれました。

 武道と武士道を混同してはいけないとは思うのですが,連想してしまったので,関連情報をひとつ。新渡戸稲造『武士道』のエストニア語訳が Penikoorem という小さな出版社から出ています。エストニアでのタイトルは「武士道 - 日本の精神」。

 Inazõ Nitobe. Bushidō - Jaapani hing. Penikoorem 2006. Hind: 153.00.

 どういう内容の本なのか知らなかったので,インターネットで調べたら,YouTubeでこんなものが見付かりました。関心のある方はどうぞ。[新渡戸稲造 『武士道』 要約] ただし,武士道とベートーベンの第九がどうして結びつくのか,私にはよくわからない。

 なお,Peikoorem の社主 Peeter Ilus 氏によると,2007年春,天皇皇后のエストニア訪問の際に,この『武士道』のエストニア語訳など8冊の本を寄贈したそうです。ただ,武士道が皇室の伝統の中でどう位置づけられているのか,やや気にはなるところではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの失業率13.4%,失業者88000人

 なぜか Postimees エストニア語版では記事が見付からなくて,ロシア語版の方からの情報です。[記事]

 1月7日現在,エストニアで失業者として登録した人は88,218人,は失業率は13.4%で,もっとも失業率が高いのは,ロシア人が多く住むナルヴァ(Narva)のある東ヴィル県(Ida-Virumaa, Ида-Вируский уезд)で19.5%だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タリン空港の利用客が激減

 昨年(2009)のタリン空港の利用者は135万人で,2008年と比べると26%も減少,取り扱った貨物は50%減。[記事]

 参考までに,リガ空港の昨年の利用者は407万人で,前年比10.2%も増加した。

 タリン空港を経由して第三国に向かう外国人はまずいないと思われるので,空路で外国に出かけるエストニア人の数も空路でエストニアを訪れる外国人の数も大幅に減ったということになる。

 赤字続きのエストニア航空 (Estonian Air) の経営から,スウェーデンのSASが撤退の意向を表明していて,エストニア政府と交渉が行われている。同じく赤字に悩むSAS側は2億クローン(16億円)をエストニア政府からもらって撤退したいのだが,エストニア政府は,SASからの借入金をすべて返済するという誓約だけで満足してもらえないか,と言っているらしい。[記事]

 エストニアの経済は本当にたいへんそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪のエストニア

 タリンの知人が南エストニアの冬の景色の写真を送ってくれました。.

Cimg4659b

Kas tunned maad, mis ..

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体のパーツ(?)

 エストニア語の「体のパーツ」の名前を教えてくれるページがあるというので見てみました。載っているのは「鼻」「手」「目」「腕」だけでのようでした。

続きを読む "体のパーツ(?)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの図書館

 必要があったので,この際,エストニアの図書館やエストニア語文献検索のサイトについて,Webページにまとめてみました。サーチエンジンが賢くなったと言っても,こまめにリンクをたどるなどして探さないと,なかなかこういう情報は集められないと思います。機会があったらどうぞご利用ください。

 エストニアの図書館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの祝祭日 (2010) - riigipühad ja rahvuspühad

 エストニアの今年の祝祭日です。もっとも,復活祭に関連する日付以外は,毎年かわりませんが。

続きを読む "エストニアの祝祭日 (2010) - riigipühad ja rahvuspühad"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの音楽のダウンロード

 エストニアのラジオ局 Raadio 2 の Aastahitt 2009「今年のヒット曲2009」という番組が行った視聴者投票(投票数 10143)によると,2009年,エストニアで最も人気のあったエストニアのポップのベスト10曲(topp kümme)は,次のようになったそうです。

続きを読む "エストニアの音楽のダウンロード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »