« タルト和平条約 - Tartu rahuleping | トップページ | 風刺 - karikatuur »

雪だるま - lumememm

 日本の雪だるまは男なんでしょうか女なんでしょうか? エストニア語は lumememm 雪婆さん なので女性です。面白い。

 だるまは起源的には男だから,雪だるまも男だというふうに日本人はとらえているのではないかという気がします。だから,英語で snowman と覚えたときも違和感がなかったんじゃないでしょうか。

 ちなみに,ドイツ語も英語と同じ Schneemann らしいし,スウェーデン語 snögubbe とフィンランド語 lumiukko はともに 雪爺さん だからこれも男です。

 このところのヨーロッパの大雪で,雪のニュースが多いためか,雪だるまに関するエストニア語の記事が28日付けで2つも見つかったので報告します。写真も見てください。

 Valgas tähistati lugemisaasta algust lumememmede ketiga (Postimees 2010/01/28) [ヴァルカで lumememm の鎖]
 Fotouudis: lumememmede kokkutulek Moskvas (Postimees 2010/01/28) [モスクワで lumememm たちの集会]

 日本の雪だるまと違うのは,頭部,胴体,下肢の3つの部分からできていること。裾が広がっている雪だるまは,確かに,スカートをはいた女性のように見えないこともない。ただ,帽子があまり女性らしくないような気もする。

 ヴァルカ Valga の記事には,映像もついていて,エストニアの雪だるまの作り方もわかります。なお,鎖という言い方は,人間の鎖 inimkett (1989年の「バルトの道」 Balti tee が有名) から来ていると思われます。今年は「図書年」で,市の図書館を博物館が助けていろいろな企画を実施するという協力関係の象徴だそうです。そうそう,ヴァルカは,ラトビアとの国境の町で,町が国境によって2つに分かれていることで有名。エストニア側は Valga,ラトビア側は Valka と呼ばれます。

【補足】 本文を少し修正 (2011/01/31)

エストニアの雪だるま
Lumememm

モスクワの雪だるまの集会
Lumememmed Moskvas

|

« タルト和平条約 - Tartu rahuleping | トップページ | 風刺 - karikatuur »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47418302

この記事へのトラックバック一覧です: 雪だるま - lumememm:

« タルト和平条約 - Tartu rahuleping | トップページ | 風刺 - karikatuur »