« エストニア・キフヌ島 (その2) - Kihnu | トップページ | エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震 »

氷の道 - jäätee

 実際に体験しないと信じられないとは思いますが,北欧やロシアでは,冬になると,川も湖も海も広範囲が凍って,夏はフェリーで行き来しているところが,氷上道路 jäätee (氷の道) になって,車で通行できるようになります。私のもっとも感動した体験は,ロシアのボルガ川をタクシーで渡ったことです。

 今年のエストニアは雪が多くて,例年だと氷上道路になるヒーウマー Hiiumaaサーレマー Saaremaa の間の海の氷が今年は十分に厚くならないのだそうです。 雪が氷の表面を覆うと温度が下がらず,氷が厚くなるのが妨げられるためらしいですが,われわれにはなんだか逆説みたいに思えます。いずれにしても,結構あちこちで氷が割れて事故が起こっているようです。

 記事: Saare- ja Hiiumaa vahelist jääteed ei pruugigi tulla (Postimees )

 ところで,jäätee ですが「氷の道」のほかに「アイスティー」の意味にもなります。tee は,エストニア語の固有の語としては「道」ですが,外来語としては「茶」の意味になるからです。

 参考までに,エストニア語と似ていることで知られているフィンランド語では,「茶」はエストニア語と同じく tee ですが,「道」は tie なので,jäätee というと飲み物しか指しません。

Jäätee märgistamine Kihnu ja munalaiu vahel kolm talve tagasi.

|

« エストニア・キフヌ島 (その2) - Kihnu | トップページ | エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震 »

天気・気候」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47292340

この記事へのトラックバック一覧です: 氷の道 - jäätee:

« エストニア・キフヌ島 (その2) - Kihnu | トップページ | エストニア人男性無事救出 -ハイチ地震 »