« エストニアから届いたクリスマスの挨拶 | トップページ | エストニアの音楽のダウンロード »

タルト・ヴァルカ間の鉄道再開

 1月1日から,タルト(Tartu)とヴァルカ(Valga)の間を列車が再び結ぶようになります。記事にアクセスすると映像も見られます。[記事2] 12月30日の試運転は無料だったので,鉄道に乗ってみたいという沿線の住民たちが大勢押しかけ,お祭り気分を味わったようです。

 私は,この路線に乗ったことが2回だけあります。1回目は,たぶんまだソビエト時代のころで,リガからタリン行きの長距離列車に乗って,タリンに帰るときでした。4月でしたが大雪にあって,タルトを過ぎた辺りで,列車は数時間立ち往生しました。ラトビア鉄道の列車でした。2回目は,90年代の中頃で,タルトからヴァルカに遊びに行ったことがありました。これはエストニア鉄道の列車で,ヴァルカ止まりだったのか,その先へ行く列車だったのか記憶はありませんが,おんぼろの汚い列車だった記憶があります。

 タリン・ヴァルカ間の鉄道は2年以上にわたって補修が行われていて,列車が走っていなかったのだそうですが,知りませんでした。映像をみると,昔とは違い車内もきれいなので,昔と違って,旅はきっと快適になっただろうと思います。列車は,毎日2往復で,所要時間は片道1時間半,以前より45分も短縮されたそうです。

 ちなみに,ヴァルカは,ラトビアとの国境の町として知られていますが,エストニア語名は Valga,ラトビア語名は Valka です。ただし,エストニア語で「ヴァルカへいく」という時の「ヴァルカへ」はエストニア語でもたまたま Valka と書きます。Valga と Valka のように,名詞の格が違うと綴りが変わるのは,発音の微妙な違いを反映しています。そうそう,ラトビアの首都リガ(Rīga)は,エストニア語では Riia ですが,「リガへ」というときは Riiga に姿を変えます。エストニア語の文法で階程交替(astmevaheldus)と呼ばれる現象ですが,細かいことは文法書を読んでください。

|

« エストニアから届いたクリスマスの挨拶 | トップページ | エストニアの音楽のダウンロード »

交通・道路」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/47168585

この記事へのトラックバック一覧です: タルト・ヴァルカ間の鉄道再開:

« エストニアから届いたクリスマスの挨拶 | トップページ | エストニアの音楽のダウンロード »