« 訃報:作家 Vladimir Beekman (1929/08/23 - 2009/10/03) | トップページ | エストニアで作られたネット教材 »

エストニア言語監督庁の活躍 - Keeleinspektsioon

 エストニアでは2週間後に地方選挙の投票日を控え,対立政党の支持者に対するハラスメントではないかというような出来事が起こっている。主人公は「正しいエストニア語」を守る役所であるエストニア言語監督庁 Keeleinspektsioon である。

 記事: Keeleinspektsioon soovitab Kofkini vorstiäril nime muuta (Postimees 2009/10/04)

 タリン市の中心から東に行ったカトリオルク Kadriorg のさらに東の小高い地区ラスナマエ Lasnamäe は,ロシア人が圧倒的に多い住宅地区として知られている。この地区に開いた第1号店を初めとして,市内に11店舗のソーセージ専門のキヨスキ・チェーン Originaal Viinivorstid (本物のウィンナーソーセージ) を営むロシア人経営者に対し,エストニア言語監督庁は,店名を正しいエストニア語に変更するように勧告したという。

 このロシア人社長は,中央党党首でタリン市長をつとめるエトカル・サビサール Edgar Savisaar を第1号店の開店祝いに招待するほどの熱烈な中央党の支持者。【*注】

 さて問題の店名だが,問題は2つあるらしい。まず,Viinivorstid ではなくスペースを入れて Viini vorstid と表記するのが正しい。第2に,Originaal を originaalne という形容詞と取り替えた上で,名詞に合わせて複数主格形 Originaalsed にする,ないしは,エストニア語本来の形容詞使って Ehtsad とするのが望ましい。まとめると,Originaalsed Viini vorstid ないしは Ehtsad Viini vorstid とすれば「正しいエストニア語」になるということになる。

 この記事に関する読者の反応をいくつか拾ってみた。「タパ市の中央党支持者は,言語監督庁の勧告を支持する」「言語監督庁の勧告に従って改名すると,この業者がオリジナルに開発したソーセージと言うことになる」「ロシア語の sosiiski にすれば言語監督庁から褒められること間違いなし」「言語監督庁は酔っぱらっているのでは?」「言語監督庁はよけいな口出しをするな」「言語監督庁を廃止せよ」

--
【注*】 中央党は,エストニアのロシア人から絶大な支持を受けている政党で,ロシアの政治家とのパイプも太い。

【更新履歴】 2011/02/04; 2011/02/22

kohv コーヒー, saiad 白パン, originaal ?, vorstid ソーセージ
Alexander Kofkini ettevõtte vorstikiosk.

|

« 訃報:作家 Vladimir Beekman (1929/08/23 - 2009/10/03) | トップページ | エストニアで作られたネット教材 »

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543873/46400926

この記事へのトラックバック一覧です: エストニア言語監督庁の活躍 - Keeleinspektsioon:

« 訃報:作家 Vladimir Beekman (1929/08/23 - 2009/10/03) | トップページ | エストニアで作られたネット教材 »