« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

エストニアのロシア人とエストニア語

 エストニアには,エストニア語で授業が受けられる学校のほかに,ロシア語で授業が受けられる学校(「ロシア語の学校」)がある。

 エストニアの日刊紙「Postimees」のオンライン版の記事によると,この新学期から,ロシア語の高等学校では,昨年度までの「エストニア文学」「音楽」に加えて「社会」をエストニア語で教えることになった。来年の秋にはさらに「歴史」が追加され,再来年の秋には,授業全体の60%をエストニア語で教えることが義務づけられる。ただし,ロシア語の高校62校の3分の2の41校は,3教科の目標をすでに昨年度までに達成していたそうだ。

 ロシア語の小中学校に関しては,エストニア語の授業を行う義務はないものの,79校のうちの59校が一部の教科をエストニア語で教えているとのこと。

 学校教育の影響(成果?)かどうかはわからないが,タリンの言語環境が,ソ連邦崩壊後20年間でずいぶんと変わったことを実感する場面は多い。かつて,乗り合いタクシーの運転手,鉄道駅やバスターミナルの切符売り場の職員,デーパートの店員,などなど,公共の場所でのデフォルトの言語はロシア語であった。そのロシア語とエストニア語の関係が今でははっきりと逆転しているのである。

 もちろん,タリンの鉄道駅の市場のように,今でもロシア語が優勢で,ロシア語の方がスムーズに行くことが多い場所もないわけではない。しかし,国立図書館のインターネット端末のある部屋のように,ロシア語とエストニア語のバイリンガルの若い女性が,利用する市民の質問に親切に答えているといった,21世紀を肌で感じることのできる場所の方が次第に普通の姿になってきている。

 エストニア人は,今でも,ロシア人はエストニア語ができない,学ぼうとする意欲さえない,などと批判するが,エストニアの言語状況が,ソ連邦崩壊後の20年間の間に大きく変わったのは確かである。考えてみれば,先頃,来日した少女合唱団エレルヘインのメンバーたちは,みなソ連邦崩壊後の生まれである。それに対応して,ロシア系住民の側にも,ソ連邦を知らない世代が育ちつつあることを忘れるべきではない。

 むしろ,エストニア語系の若者たちのロシア語の運用能力が低下していることの方を心配した方がいいかもしれない。ソ連邦崩壊後,ロシア語が必修でなくなったことに加え,エストニア人の目の向く方向が東から西に転じたためだ。しかし,エストニアは,隣国ロシアと緊密な経済関係,外交関係を保ち続けていくのが現実である以上,ロシア語と縁を切るわけにはいかないはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニア語で書かれた日本語文法・日本史

 日本人がエストニア語を勉強を始めようとするときにどのくらい役立つかは未知数ですが,エストニア人の日本語学習者向けに書かれた日本語の文法便覧を紹介します。大きさは文庫本とほぼ同じ,厚さは>文庫本2冊分ほどです。

  Elli Feldberg: Jaapani keele grammatika. Tallinn: Kirjastus Ilo. 2009.

 また,エストニア語でかかれた日本の歴史の概説書も出ています。

  Olaf-Mihkel Klaassen: Jaapan läbi aegade. Tallinn: Kirjastus Argo. 2008.

ただし,著者自ら前書きで断っているように,自由奔放に書かれていて,内容的に私たちが学校で習った日本史とはやや違うところがあります。自己責任でお読みください。

 個人的な体験ですが,自分のよく知っていることが書かれた本を読むのは,外国語の語彙を増やしたり,複雑な構文を覚えたりするのに効果的でした。すでにエストニア語の知識をお持ちの方は,お試しになってください。ただし,効果を保証するものではありません。念のため。

 リンクをはったのは Apollo という書店のサイトです。画面右上の EST/  ENG で英語に切り替えると,メニューの一部が英語になります。ただし,あまり親切なインターフェースとはいえないかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トルミスの「秋の風景」 - Sügismaastikud

 エレルヘインが東京公演で歌ったヴェリヨ・トルミス Veljo Tormis 作曲の合唱組曲「四季の図」 (Looduse pildid 自然の姿たち) は,日本の合唱界ではよく知られた曲のようです。

続きを読む "トルミスの「秋の風景」 - Sügismaastikud"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

少女合唱団「エレルヘイン」のこと

 日本公演のパンフレットやプログラムからはわかりませんが,「エレルヘイン合唱団」は,タリン市の (日本風に言えば) 教育委員会の下にある課外活動学校のひとつ,タリン課外活動センター「クロ」 (Tallinna Huvikeskus "Kullo")が開講している合唱コースです。施設の案内を見ると,ここには大人向けのプログラムもあるようです。

続きを読む "少女合唱団「エレルヘイン」のこと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エストニアの音楽情報 (Ellerhein 公演 2009)

 この夏,日本で聞けるエストニア語の音楽に関する情報です。

続きを読む "エストニアの音楽情報 (Ellerhein 公演 2009)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »